菜乃花 2018年10月04日号

酔った乗客にイタズラして発覚! タクシー運転手連続強姦の過去(2)

掲載日時 2017年07月09日 23時00分 [事件] / 掲載号 2017年7月13日号

 「なぜだ、なぜこんなタイミングで…。根回しがよ過ぎるんじゃないか…」
 もちろん、それには理由があった。この警察署管内では、半年ほど前からタクシーに乗った女性客が運転手に強姦されるという事件が頻発していた。
 だが、ほとんどの女性が泥酔していて、事件当時の記憶がなかった。警察は警戒を強め、不審なタクシーが停車していないか日夜、パトロールしていたのだ。

 「一連の事件もお前の仕業か?」
 「それは違う…。今回の件はほんの出来心で…」
 「まぁいい。ドライブレコーダーを確認すれば分かることだ」
 タクシーのドライブレコーダーの映像や音声は自動的に転送され、勤務先に記録される仕組みになっていた。よって、犯行の途中で「目隠し」したところで意味はない。木村も明日香さんに対する事件では、その一部始終がドライブレコーダーに記録されていた。
 「それは認めます。被害者にも謝りたい。でも、他の犯行はオレじゃない!」

 そんな中、警察が本命にしていた犯人が捕まった。別のタクシー会社に勤める44歳の男だった。
 直接の逮捕容疑は、酒に酔った19歳の少女を後部座席に乗せたまま、人気のない路上に車を止めて強姦しようとした事。それが失敗。その場に放置して逃走したが、少女にスマホで車のナンバーを撮られたためアシがついた。
 男は一連の犯行についても容疑を認めた。勤務先のドライブレコーダーに全犯行が映っていたのだから、否定しようがなかった。
 一方、いわれのない濡れ衣を着せられそうになった木村は、被害者との示談もまとまり、処分保留で釈放されることになった。

 その2日後――。
 「ちょっと待って下さい。奴にはもっと重要な余罪があったんです」
 科捜研が、被害者の胸から採取した木村の唾液のDNAが9年前に起きた強姦致傷事件の犯人のものと一致しているという鑑定結果を持ってきた。被害者は当時21歳の専門学校生だった。被害者の衣服には木村の指紋が付着しており、抵抗した際に引っ掻いたとみられる犯人の皮脂が爪の間に残っていた。
 事件当日、木村が現場にいたことは駅の防犯カメラなどから明らかになった。
 「よし、逮捕状を取って奴を引っ張れ!」
 せっかく釈放されたというのに、その件で警察がやってきたとき、木村は顔色を失った。そして、「やってません」と言ったきり、完全黙秘に転じた。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

酔った乗客にイタズラして発覚! タクシー運転手連続強姦の過去(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP