葉加瀬マイ 2018年11月29日号

試合開始前から17人が熱中症…甲子園、猛暑の中「いつもどおりの開会式」に批判の声

掲載日時 2018年08月06日 17時43分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

試合開始前から17人が熱中症…甲子園、猛暑の中「いつもどおりの開会式」に批判の声

 5日開幕した第100回全国高等学校野球選手権記念大会開会式で、熱中症で17人の観客・関係者が救護室に運ばれたことが判明。早くも大会運営に不安の声が上がっている。

 開会式では、記念大会ということで56代表が入場行進。例年通り女子高校生がプラカードを持ち先導し、高校球児が晴れの舞台を踏む。そして、ご来賓の皇太子殿下がスタンドから挨拶をされた。

 続けて、林芳正文部科学大臣から「お祝いの言葉」、八田英二高野連会長から「励ましの言葉」が述べられる。2人の内容はかなり似通っており、かなり長目。テレビに映る選手の中にはうつむく者や、暑さに耐えるような表情を見せる球児の姿が映し出される。

 倒れる選手はいなかったものの、観客と関係者はやはりダウン。参加した女子生徒と観客計17人が熱中症で救護室に運ばれたのだ。いずれも症状は軽いとのことだが、対策が不十分であることが露呈された。

 なお前日のリハーサルでも、参加した女子生徒6人が救護室に運ばれており、それでもとくに対策を立てなかった様子。大臣と会長の言葉はとくに必要性を感じるものではない上に、皇太子殿下よりも長かっただけに、ネットユーザーからは「本当に熱中症のことを考えているのか」「人命よりもセレモニーを大事にしている」「皇太子殿下の話だけで打ち切るべきだ」「前日に熱中症患者が出たことを軽視している」などと批判の声が上がった。

 高野連は観客の熱中症対策として、アルプス席に水を噴射する機械を一塁側と三塁側それぞれに3台設置するほか、入場門と通路に大型扇風機11台、アルプス入場門にミスト扇風機5台を設置したうえ、関係者が見回りを強化することにしているが、試合が始まる前の開会式から熱中症で17人がダウン。この事実は、高野連の対策がほぼ無意味であること表していると言わざるを得ない。

 また、選手については水分補給の時間を確保するとしているが、準決勝・決勝のナイター化などは一切なし。「本当に熱中症を重く捉えているのか?」と批判が上がっている状況だ。

 高野連は「出来る対策はした」と胸を張っているようだが、試合を行う前から熱中症で倒れる観客・関係者が出たのは紛れもない事実。観戦予定者は、熱中症で倒れるリスクを認識したうえで、球場に足を運ぶ必要がある。

関連記事
100回目の夏 高校野球は送りバントのドラマだ
マツコ、「大阪ドームを“甲子園”に」提案? 熱中症が相次ぐ高校野球に独自の見解
大量のバット、トレーニング施設、ブルペン! 上地雄輔ら横浜高校野球部OB、母校への寄贈がスゴい!
熊本県高野連が「全校応援の自粛」を要請 試合は「選手が倒れていないので中止はしない」方針
ネット上には疑問の声 猛暑もお構\いなしに試合が行われる高校野球

スポーツ新着記事

» もっと見る

試合開始前から17人が熱中症…甲子園、猛暑の中「いつもどおりの開会式」に批判の声

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP