葉加瀬マイ 2018年11月29日号

丸山和也参議院議員が政局を斬る! ポスト安倍、できない憲法改正

掲載日時 2018年04月25日 08時00分 [政治] / 掲載号 2018年5月3日号

丸山和也参議院議員が政局を斬る! ポスト安倍、できない憲法改正

 〈財務省が公文書改ざんを認め、国会では佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問も行われました。党内の様子は?〉

 マスコミが騒いでいるわりには国会の動きは活発じゃないし、政局も低調だね。今年は国政選挙の予定がなく、自民党総裁選しかないので緊張感がない。公文書改ざんで総裁選3選はないという見方も出てきたが、致命的なほど支持率は落ちていない。国民から安倍さんを降ろそうという大きなうねりも見られない。
 安倍さんに近い議員とも話したけれど、「大変だけど、まぁ大丈夫じゃないの」という認識だったな。安倍さん本人は出る気満々。内閣支持率が10%を割るようなレベルに落ち込まない限りは出るよ。安倍さんの支持母体『清和会』(細田派)も出そうとしている。

 〈明確に出馬宣言した人がいないので、9月の総裁選の構図がまだ見えてきません。〉

 安倍さんに強い対抗馬が出てこないのは大きな問題だ。マスコミでは石破茂、小泉進次郎の名前が出てくるけど、本人がどこまで本気なのかが見えてこない。野田聖子さんは推薦人さえ集まれば出るでしょう。
 石破さんにしても、岸田(文雄)さんにしても、ちょろちょろと狼煙を上げるだけで、出るのか出ないのか分からない。本来は今頃からもっとがんがんアピールした方がいいと思うけれど、早くからやりすぎるとつぶされるという意見もあるから。でも、今のままじゃ戦えないんじゃないかな。
『宏池会』(岸田派)は一本釣りのいい草刈場になっているみたいだね。岸田さんがおとなしくてハッキリしないから、みんな餌食にされている。『平成研究会』(額賀派)は、会長が竹下さん(竹下登元首相の弟、亘氏)に変わるというし、派閥自体がガタガタしている。額賀さんは会長を辞めると言ったけど、いつ辞めるかは言わないらしい。
 もし、平成研が石破さんを支持して、進次郎が応援団にでもなれば、大きな勢力になるだろう。地方の党員票の比重を大きくするように総裁選の仕組みが変わったので、その点では石破さんは有利になった。野田さんや平成研あたりを巻き込めば、議員票で負けても、党員票でいい勝負になる。
 石破さんが国会議員に人気がないのは、言うことが評論家的で、離党した過去があるから。他派閥から引き抜いて票集めするような政治的な動きも苦手なんだろう。安倍さんもその点は全然得意じゃないけれど、周りが積極的にやっている。「石破のために死んでやろう」という人が周りにいないんだな。今回を逃すと、石破さんに次はないだろう。
 国民的人気が高いのは進次郎なので、彼が「石破さんが出ないなら僕が出ます」くらいのことを言って焚き付ければ、今回どんな結果になっても彼の株は上がるよ。でも、進次郎は意外と冒険しないタイプ。今動かなくても、いずれは自分が総理になれると思っているから、下手に動いてケガするのはイヤなんだろう。

 〈公文書改ざんの問題で、現時点で安倍首相や麻生太郎財務大臣が指示したという証拠はないが、政治的責任を問う声は多数ありますね。〉

 先日、日本を尊敬する台湾の元国会議員と会ったけど、「昔の日本だったら安倍さんはこれですよ」と言って腹を切るまねをしてみせた。「責任がないとか、違法ではないとか、弁解ばかりしているが、道義的責任はあるだろう」とも言っていた。党内の空気も皆そう思っているのだけど、誰も率直に言わない。
 麻生さんの政治責任ははっきりしている。財務省のトップなわけだから弁解のしようがない。でも、麻生さんの本音は「あんた(安倍首相)の女房のおかげで問題が大きくなって、こっちが責任を取らされるのはおかしいだろ」ということ。人情論で言えばそれも理解できるけどね。
 だから、麻生さんは別に安倍さんを守っているという意識はなくて、「ここで辞めるのはアホらしい」という気持ちだ。それに、一時は「安倍の次はオレだ」と本気で思っていたから。総理大臣のときに党を下野させた張本人だし、ここで辞めたら、それこそ政治生命が終わってしまう。居直り一直線だね。
 さすがに総裁選には出てこないだろうけど、最近会ったら機嫌はいいよ。麻生派は数が増えたけど、連中も「昭恵さんのトバッチリで派閥が冷や飯を食うなんてとんでもない」と思っているので、団結している。

 〈米国の鉄鋼関税で日本は除外されず、米朝首脳会談が決まるなど、安倍首相の外交手腕に疑問符が付き始めています。〉

 安倍さんは外交が得意と言われているけど、大した成果はまだ何もないんだよ。外国への訪問回数が多いのは確かで、そういう意味ではよく動いている。でも、結果が出ていない。
 拉致問題を解決すると言っていたが、誰も帰って来ないし北方領土も取り戻せていない。中国との関係も良くなっていないし、領土的拡張も止められない。トランプとゴルフやって、アメリカとの蜜月関係をアピールしても、あんなのイメージだけだよ。むしろ、貿易でこれから厳しい条件を突き付けられるのではないか。
 米朝あるいは米韓で何か決まれば、また日本は金を出すように言われるんじゃないの。拉致問題の解決でトランプに協力をお願いしていたが、米国を当てにしている時点で、策がないということ。トランプが本気で取り組むわけがない。

 〈どうしてこんなに安倍一強状態が続くのでしょうか。〉

 まず一つは年齢。そこそこ若いし、長身でルックスもいい。声はダミ声じゃなくてマイルド。あと、日本人が好きな“毛並みの良さ”、つまり家柄。そういう総合力だね。
 次に、安倍さんのやや尖った考え方を支持する勢力、日本会議はその筆頭なんだろうけど、そういう人たちのバックアップが強い。そして、国際情勢が緊迫化しているという外部環境が安倍さんの追い風になっている。北朝鮮の核実験やミサイル発射などがあると、どういうわけか「安倍さんしかいない」という声が出てくる。一貫して憲法改正を言い続けてきたこともあるのだろうけど、別に安倍さんじゃなくても、優秀な人は自民党内にいっぱいいるから、誰でも対処できると思うけどね。
 安倍さんは、あまり信用はされないけど、それほど嫌われもしない。それから世論調査が示すように国民の中に「そんなに悪い人ではない」みたいな感情が底流にある。だから大勢から叩かれると、かわいそうとかばう人たちが出てくる。「奥さんのせいで苦労している」とかね。
 森友と加計ではさまざまな問題があったものの、安倍さんは私腹を肥やしていたわけではない。例えば、田中角栄は人気があったけども、常にお金絡みの疑惑が尽きない人だった。そういうタイプとは違うということ。良いところの育ちだから、お金にガツガツしないんだね。
 安倍さんの手を握ると、柔らかい手をしているんだよ。固いものを持ったことがないんじゃないかと思うくらい。60歳すぎているんだから、普通だったら多少はゴワゴワするはずだけど、若い女性のようなふくよかな手をしている。俺と比べたらうらやましいよ。

 〈安倍首相が目指している憲法改正は、今の状況で実現できるでしょうか?〉

 個人的には、総裁選に出れば当選する可能性はあるけど、その後が大変だから出ない方がいいと思っている。国民投票法案を成立させて土台を作ったのだから、改憲は次の人に任せて身を引いた方がかっこいいよ。
 そんな話を安倍さんに近い議員に話したら、「本人がやる気なので言えないんだよ」と言っていたね。世論調査を見る限り、憲法改正の実現は厳しい。国民投票で否決されると、次の国民投票まで何年かかるか分からない。でも安倍さんはもう少し具体的な形が見えるまで、総裁3期目もやりたいと思っているようだ。
 しかし、森友問題を1年以上も国会で追及され、しかも自殺者まで出てしまった。籠池夫婦だけが捜査を受けて終わりというのはおかしい。政治家で誰も責任を取っていないのに、そのまま親方が次の総選挙に、というのはさすがに政治的環境としては甘すぎるよ。
(文中敬称略)

丸山和也
1946年兵庫県生まれ。東京を中心に法律事務所を構える。日テレ系人気番組「行列のできる法律相談所」レギュラー出演中の2007年、参議院選挙に自民党から出馬し当選。現在2期目。自民党法務部会長。自民党参議院政策審議会副会長、自民党司法制度調査会会長等を歴任。「丸山総合法律事務所」代表。

政治新着記事

» もっと見る

丸山和也参議院議員が政局を斬る! ポスト安倍、できない憲法改正

Close

WJガール

▲ PAGE TOP