葉加瀬マイ 2018年11月29日号

フジテレビが地団駄を踏んで悔しがる有働由美子『NEWS ZERO』就任

掲載日時 2018年06月23日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2018年6月28日号

 3月にNHKを退局した有働由美子(49)が、この10月から『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のメインキャスターに就任することが正式発表された。番組開始当初から12年間、MCを務めた村尾信尚キャスターは9月をもって降板することになった。
 「村尾を説得するのは意外に簡単だったようです。実は政界進出を本気で考えているようで、時期的に見たら10月はベストタイミング。結果、ふたを開けてみれば円満降板につながったわけです」(テレビ関係者)

 そうした中、気になるのは有働の出演料。当初、来年4月からの報道帯番組のキャスターとしてオファーしていたフジテレビは3億円もの契約金を提示していたという。フジを蹴って日テレを選択した有働。当然、フジ以上のギャラを確約したのかと思いきや、なんとも肩透かしの情報が飛び込んできた。
 「ン億円? あり得ないですね。結論から言えば日テレの契約金は0円。しかも、1本あたりのギャラは50万〜という額で落ち着いたそうです。ちなみにフジは契約金のほかに、1本120万円〜。半分以下のギャラですよ」(同)

 金銭的条件だけを比較すれば圧倒的にフジの方が有利なはずなのだが、なぜ袖にしたのか?
 「まず番組開始時期が合わなかったようです。来年4月は遅すぎると。対して日テレは、村尾に降板を打診するなど行動が早かった。もう一つは、制作スタッフへの信頼です。民放帯番組の初デビューですから、絶対にコケるわけにはいかない。確かにフジは条件はいいが、ここ最近の視聴率の動向を見るかぎり、3年後に番組が継続している可能性は限りなくゼロに近い。加えて、有働が敬愛するマツコ・デラックスの“日テレ推し”も決め手になった」(芸能プロ関係者)

 有働はフィールドキャスターとして現場からもニュースを伝えるという。もはや、高視聴率は約束されたようなもの?

芸能新着記事

» もっと見る

フジテレビが地団駄を踏んで悔しがる有働由美子『NEWS ZERO』就任

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP