中島史恵 2019年6月6日号

元『乃木坂46』深川麻衣のスクール水着がヤバい!

掲載日時 2019年04月21日 21時00分 [芸能] / 掲載号 2019年4月25日号

元『乃木坂46』深川麻衣のスクール水着がヤバい!
深川麻衣

 元『乃木坂46』の深川麻衣(28)がネットを騒がせている。彼女が過去に撮ったと思われる“スクール水着”のような紺色水着写真が流出したからだ。“『AKB48』や『乃木坂46』出身は大成しない”というのが芸能界の定説だったが、そのジンクスを見事、深川が打ち破った。

 「『AKB48』に関しては、大島優子、前田敦子、篠田麻里子など、もはや全滅に近い。唯一、ソロで売れたのが川栄李奈(24)くらい。ただ、彼女には大物芸能人のバックボーンの噂が聞こえてきたりと怪しさ満載。そこにいくと深川は正統派で評判で、女優としてメキメキと頭角を現しているんです」(アイドルライター)

 彼女は'11年、乃木坂46の第一期生オーディションに合格。3rdシングル『走れ!Bicycle』で選抜メンバーを務めるなど、グループ内での地位を確保してきた。その後、'15年に『第66回NHK紅白歌合戦』の出場を果たすと、その翌年6月に卒業。ソロとして活動を始めた。

 「飛び抜けた美人ではなかったのですが、清楚なイメージで乃木坂時代から印象がよかった。ソロになると、すぐに大手事務所に所属。漫画誌のグラビアや初舞台で初主演したりと、加速度的に評価を上げ始めたのです」(同)

 3月で終了したNHK連続テレビ小説『まんぷく』にも岡吉乃役で好演。そして、彼女の注目度を最も上げたのが、1月から放送されたテレビ東京の“ドラマ25”『日本ボロ宿紀行』だ。

 「初となる深夜枠ドラマを全12話(4月12日最終回)、見事に演じきりました。主人公の篠宮春子(深川)は、父親の急死をきっかけに、経営していた芸能事務所を引き継ぐことを決意。一発屋歌手・桜庭龍二(高橋和也)を復活させるため、全国の安宿に泊まりながら、売れ残ったCDを手売りしていく内容です。ただ、決して悲惨な話ではなく、プライドが高い桜庭と、いつもケンカしながら頑張る姿が、ほのぼのとしていいんです」(芸能記者)

 しかも評価を上げたのは、物語以上に惹きつける、そのムチムチのボディー。T162センチ、B85・W58・H85のDカップ。安宿では毎回、入浴シーンがあり、ネット上でも大盛り上がりだ。

 「毎回登場する由美かおる顔負けの入浴シーンに、ファンが急増していったのです。で、スクール水着写真です。プールの上から撮っているので、Dカップの胸の谷間がムニュッとして秀逸です。今後は、脱ぎシーンもお願いしたいですね」(同)

 乃木坂時代には見るからに清楚な見た目から“聖母”と呼ばれていた深川。紺色スクール水着に感謝!


芸能新着記事

» もっと見る

元『乃木坂46』深川麻衣のスクール水着がヤバい!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP