噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 杉崎美香(36) 男の誘いに容易に乗る尻軽!

官能・2015/01/26 18:00 / 掲載号 2015年2月5日号

 今回、俎上に載せるのは、フリーアナウンサーの杉崎美香。年明け1月3日に、5歳年下のフジテレビディレクターと結婚した。
 八重歯がチャームポイントで、男性ファンも多かった彼女。しかし、人相学的に八重歯は見た目キュートでも、乱杭歯の一種で悪相だ。
 特に「結婚」「家庭」面では明らかなキズで、彼女は他にも後家相と呼べる相があって(後に詳述)、単純には喜べない今回の結婚報道だ。

 臥蚕(下瞼の睫毛が生えている部分)が豊かで年齢相応に性感が開き、眼光が十分艶を含んでいて、(本人も相手男性にとっても)セックスの快美感は深い。
 眉が細めでやや薄く、一時、蛾の触角のようなピンと跳ね上がった形に作っていたこともあった。いずれも好色性の強さを示すもので、【淫乱度】は「4」に近い「3」。
 上下唇が厚めで情感豊か。口角(唇の両端)が自然に上がっているのも好相だ。反面、唇に縦皺(歓待紋)が少なく、目頭に切れ込みもなく、サービス精神はあまりない。男性側の実感として、淫乱度は評点より低く感じられるはずだ。
 口が大きくなく、アゴも張らず、鼻相が弱いので、男性の保護欲をそそる。スタミナはあまりなく、【絶倫度】は「2」。
 【名器度】は、耳の穴の手前の切れ込みが広くて浅い一方で、締まって上がった口角がカバーし、「3」寄りの「2」。
 あげまん要素がほとんどなく、吊り上がりの眉が決定打となって、【あげまん度】は「1」となった。

 さて問題の八重歯だ。この歯相は、お人好しでお調子者という受けの良さがある一方、おだてや誘惑にはなはだ弱い。特に女性の八重歯は見た目の魅力から、男性をやたら惹き寄せ(良く言えばモテ相だが)、その誘いに容易に乗る尻軽なところがある。
 加えて、彼女は上唇の八重歯にかぶさる部分が左右ともぷっくり膨らんでいる。これはおだてに弱い凶意をさらに強めるもの。
 よく観ると、彼女は下の歯列も乱れている。女性の乱杭歯は短気やわがままゆえに夫を代える相で、夫婦関係が続けば家運を傾けるとされる厄介な相だ。
 左口角の下、比隣の位置にホクロがあり、これは失言ボクロで、過去の異性との関係を断ち切れず腐れ縁となりやすい相でもある。【尻軽度】としてはかなり高いとせざるを得ず、「5」寄りの「4」と観た。

 彼女は食禄(鼻と上唇のあいだ)にホクロがあり、食うには困らない。また鼻下からアゴ先までが長くて晩年運も良い。
 観相家の立場としては、今回の結婚を機に(表面的な魅力を捨て)歯列矯正をして、将来の運勢をいっそう良い方向に持っていくことをお薦めするが…。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事
関連タグ
官能新着記事