菜乃花 2018年10月04日号

大津・いじめ自殺 中2男子生徒を見殺しにした本当のワル(3)

掲載日時 2012年07月28日 11時00分 [社会] / 掲載号 2012年8月2日号

 市教委の基本姿勢は「いじめはあったが、自殺との因果関係は立証されていない」とし、死亡した少年に関しても「いじめられているということが、恥ずかしくて言えなかったのではないか」。「いじめ以外にも、家庭や個人のことがあったように聞いている。(その内容については)個人情報保護の観点から申し上げられない」などと、遺族の感情を逆撫でするようなコメントを並べ立てたのである。
 「アンケートの公開が部分的になった理由について、市教委は生徒を守るためにも確認の取れない証言は、発表できなかったなどと説明したが、傍聴席の父兄からは『守りたいのは子供ではなく教師の方か』と、嘲笑が聞こえたほど。しかも、その場には越直美大津市長も現れなかった。そもそも越市長はいじめと自殺の因果関係を否定し続け、騒ぎが大きくなってから会見で泣きじゃくり、遺族との和解を言い立てた。その行いにも、責任逃れのパフォーマンスを感じずにはいられません」(社会部記者)

 責任の所在をうやむやにする雰囲気が高まるなか、現在、学校周辺ではこれまでにないピリピリムードが漂っている。
 本誌記者が生徒に声をかけると「話はするなと先生に言われてるんです」。さらには、そこに女性職員が飛んできて「生徒への取材はご遠慮ください!」といった具合なのだ。加えて、地元では様々な憶測が飛び交いだしているという。
 「実は事件現場の不可解さから“少年が他殺なのではないか”との見方が強まり、ネット上で“犯人探し”が始まっているのです。また、ガセを含めた誹謗中傷が加害者の親戚関係に及び、生徒や父兄までがこの手の情報に一喜一憂している状態なのです」(同)

 ただし、一方ではこんな話も聞こえている。
 「緊急説明会の終盤、『これ以上の新たな事実が発覚することはないのか!』との質問に、澤村憲次教育長は『ないと思います』と歯切れの悪い答弁をした。そのため、父兄の間では『これがすべてとは思えない。まだ何か隠していそうな気がする』とした声が絶えないのです」(別の地元紙記者)

 少年が死亡していたマンションの住人が言う。
 「あの子らは、マンション前でもよく一緒に遊んでましたよ。亡くなった子はおとなしいくせに意地をはるとこがあったし、学校のすぐ裏がこのマンション(自宅)だったから、家からカネを持ち出させたり、パシリに使うのに都合がよかったのかもしれない。ただ、少年の家族は皆、大人しいええ人ばかりでした。もう、いらん中傷や誤魔化しはええから、そっとしといてあげてください…」

 少年の死を無駄にしないためにも、真相の究明が急がれる。

関連タグ:大津いじめ自殺

社会新着記事

» もっと見る

大津・いじめ自殺 中2男子生徒を見殺しにした本当のワル(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP