葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 吉田羊 “7連発”でもまだまだヤリたい四十路熟女の超絶名器(1)

掲載日時 2016年04月27日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年5月5日号

 「親友さえ寄せつけない自宅に招いて、手料理までしてもてなした落語家の春風亭昇太が、『俺は当て馬かっ』と怒っています」(お笑い関係者)

 今年のNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演している女優・吉田羊(42)に初スキャンダルが飛び出した。
 「『週刊ポスト』によると、吉田は3月下旬、都内のアジア料理店で“イケメン”と食事後、そのまま自宅マンションに“お持ち帰り”。その男は吉田のところに約1週間にわたり“連発”、いや連泊したというのです」(芸能レポーター)

 独特のミステリアスなキャラクターで人気急上昇中の美人女優がゲットしたのは、ジャニーズ事務所のアイドルグループ『Hey!Say!JUMP』の中島裕翔(22)。
 「これまで共演歴のない2人ですが、どうやら、行きつけのバーのオーナーを介して仲が深まったようです。吉田は年齢非公表ということになっていますが、実は1974年2月3日生まれの42歳。中島は現在22歳ですから、なんと“20歳下の彼氏”ということになります」(ワイドショー芸能デスク)

 吉田の“年下好き”は、以前から有名だったようだ。
 「男性の子供っぽい部分を見ると、母性本能をくすぐられるようです。『何でもしてあげたくなる。私がいなきゃダメという感じになる』と、よく話していたのです。年下と交際している時でも、年下好きを公言していたということです」(芸能記者)

 吉田は、松田聖子や藤吉久美子、田中麗奈らを輩出した福岡県久留米市の出身。
 「父親は牧師で母親は幼稚園の先生。兄2人、姉2人の5人兄姉の末っ子で、本名は吉田羊右子(ようこ)。聖書の一節に由来しているそうです。幼い頃から讃美歌が好きで、よく人前で歌ってハーモニカも吹いていたそうです。また、おままごとや芝居も好きで、独りで何役も演じる“ひとり芝居”で周囲を明るくさせていたそうです」(前出・芸能記者)

 高校は聖子も通った久留米信愛女学院。
 「体育祭で応援団長をするなど、その存在はひときわ光っていました。“ファンクラブ”ができるほどの人気者で、下級生たちからキャーキャー言われるようになって、女優業に憧れと関心を持つようになった。もちろん、他校の男子生徒が“見学”にやって来るほどの美少女でした」(テレビ局関係者)

 先輩の聖子や中森明菜のモノマネも上手だったというが、高校までは全く演劇の経験がなかったという吉田。
 きっかけは、桜美林大学時代にたまたま目にした情報誌の“俳優募集”の記事を見たことだった。
 「8歳上の姉が演劇をやっていて、ずっと憧れていました。同時に、姉に対するコンプレックス打破の意味合いもあったようです」(舞台関係者)

 しかし、すぐには芽が出なかった。
 「当然、女優だけでは生活できず、アルバイトで食いつなぎました。ホテルの立食パーティーの手伝いや、葬儀社で靴札を渡す受付、銀座でホステスもやっていたそうです」(芸能ライター・常山洋氏)

 その頃出会っていたのが、津川雅彦と奥田瑛二の2人だという。
 「以前、津川と奥田がトーク番組に出演した折、“よく女優やモデルのたまごと合コンをするが、その合コンで出会った女性の中で、有名になったのが吉田羊”だと暴露していたことがありました。このとき、どちらかに“食べられた”かもしれません。2人とも、ただでは帰さないという名うてのプレイボーイですからね」(前出・テレビ局関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 吉田羊 “7連発”でもまだまだヤリたい四十路熟女の超絶名器(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP