葉加瀬マイ 2018年11月29日号

映画「本能寺ホテル」出演者リレーインタビュー 最終回 平山浩行

掲載日時 2017年01月19日 16時00分 [芸能] / 掲載号 2017年1月26日号

 現代の失業OLと歴史ミステリー「本能寺の変」が交錯するユニークな映画『本能寺ホテル』で、平山浩行は「現代」サイドの代表的人物ともいうべき、主人公の婚約者・吉岡恭一を演じている。25歳と遅いデビューながら『BRAVE HEARTS 海猿』など数々の話題作に出演してきた平山。映画、ドラマを問わず、常に映像の最前線で活躍している俳優だ。
 そんな平山に、今では珍しいオリジナル企画である『本能寺ホテル』の魅力、そして俳優としてのスタンスを語ってもらった。

 ――『本能寺ホテル』は漫画や小説の原作がなく、シリーズものでもない完全オリジナル作品です。役作りの上でも違いが出てくるのでしょうか?

 平山 一番大きいのは「自由」だということじゃないでしょうか。原作の決まったイメージがないので、自由に演じられる。ある意味、なんでもありですよね。その場の空気感によって自由に役柄や演じ方を変えていけるという面白さがあります。枠が決まっていないからこそ、役が膨らんでいく。

 ――平山さん演じる恭一は、婚約者である主人公・繭子(綾瀬はるか)の意見を聞かず、何でも勝手に決めてしまう男。ところが、物語が進むにつれて変化していきます。いわば成長するキャラクターになっていますね。

 平山 まさに、そこがこの映画の自由さ、撮影中に膨らんでいった部分なんです。最初はそういう話ではなかったんですが、演じながら「これ、恭一も成長していったほうが面白いよね」と。そのことでキャラクターも演技も変わりました。微妙なニュアンスなんですが、本当に育っていった感じですね。作品としても、そのほうが面白いものになったと思います。

 ――綾瀬さんとの共演はいかがでしたか? 今回は天然というか天真爛漫な部分もあって、我々が普段感じている綾瀬さんのイメージに近い役のように感じたのですが。

 平山 僕は初共演だったんですが、その「天然」と言われる部分が、綾瀬さんのよさなんだなと実感しました。現場の雰囲気をパッと明るくしてくれるんですよね。

 ――「ザ・女優」といった堅苦しさがないんですね。

 平山 本当に気さくな方ですよ。あの明るさは本当に素晴らしい。

 ――その明るさ、いい意味での軽さは映画の魅力でもありますね。

 平山 僕は映画の中でも、「ホテルのエレベーターが開いたら、タイムスリップから戻ってきた綾瀬さんが着物を着て正座してる」っていうシーンが好きなんですよ。なんかおかしいんですよね(笑)。

 ――平山さんの父親を演じるのは近藤正臣さんです。大ベテランとの共演ですね。

 平山 近藤さんとは今回で2回目なんですが、役者としても、役柄の父親としても、言葉じゃないところでたくさん教わることができた気がします。撮影の後に、近藤さんいきつけのお店にみんなを連れて行ってくれたり。普段はあまりお酒を飲まれないそうなんですが、「今日は特別だから」と飲まれていました。そういうコミュニケーション、役者たちの雰囲気のよさも感じてもらえたら嬉しいです。そういえば、綾瀬さんとはかき氷を食べましたね。撮影は夏の京都、とにかく暑かった(笑)。

 ――『本能寺ホテル』は、主人公が自分の人生を見つける物語でもあります。平山さんが俳優という人生の目標を得たきっかけは?

 平山 子どもの頃から、スクリーンやテレビの「向こう側」の人になりたいとは思ってました。一種のヒーロー願望というか。とはいえ田舎から出てきたのも遅かったですし、デビューは25歳。それまではバーテンダーのアルバイトをしてました。だから、演技の勉強もしていなくて、ひたすら現場で学んだんです。結果的に、そこで貴重な体験をさせていただいたかな、とは思いますね。

 ――主人公・繭子はタイムスリップして織田信長に出会い、大きな影響を受けます。平山さんが役者として影響を受けた人物は?

 平山 尊敬する役者さんはたくさんいるのですが、人ぞれぞれ、表現方法も違いますし…。「この人みたいになりたい」という意味での影響はないですね。人の真似をするのが好きじゃないんです。やはり役者としては、自分なりの表現というものを作っていきたいので。

 ――平山さんは作品の中ではタイムスリップしていませんが、もしできるとしたら、どんな時代で、誰と会いたいですか?

 平山 映画と同じ戦国時代…は、ちょっと危険ですかね(笑)。でも、行ってみたい時代はたくさんありますよ。たとえば、江戸時代に行って殿様の生活を味わってみたい、とか。

 ――それはまたどうして?

 平山 当時は身分社会。その頂点の殿様なんて、今では絶対にできない暮らしじゃないですか。「いったい何を考えて生きてたんだろう?」って思うんですよ。あっ、でもそれを想像するのも役者の仕事の一つではありますね。どんな時代の、どんな人にもなれる。それが役者の醍醐味なのかもしれないです。

平山浩行
1977年、岐阜県出身。'03年にドラマ『高原へいらっしゃい』で俳優デビュー。その後、数々のドラマ、映画、CMなどで活躍を続けている。40歳を前にして、ますます円熟味が加わった演技に、さらなる活躍が期待されている。

映画『本能寺ホテル』は、2017年1月14日(土)全国東宝系にて公開。
監督◎鈴木雅之
出演◎綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫

関連タグ:本能寺ホテル


芸能新着記事

» もっと見る

映画「本能寺ホテル」出演者リレーインタビュー 最終回 平山浩行

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP