宇垣美里 本誌の『怒りのフルヌード』記事大絶賛でグラビア逆指名?

芸能・2019/09/01 21:00 / 掲載号 2019年9月5日号
宇垣美里 本誌の『怒りのフルヌード』記事大絶賛でグラビア逆指名?

宇垣美里

閉じる

 フリーアナになった宇垣美里(28)が、「『怒りのフルヌード』がいちばん好き(笑)。“本当に面白い”」と今年一番気に入った記事を挙げた。

 これは週刊実話1月3日号掲載の『宇垣美里 TBS大先輩ダメ出しに怒りのフルヌード』という記事のことだ。
「宇垣は8月9日に配信された大手サイト『ヤフーニュース』の独占インタビューの中で、なんと、週刊実話の愛読者であることを事実上明かしたのです。宇垣は実話のファンのようで、熟読しているようですよ」(芸能記者)

この記事は当時、退社の可能性が浮上していた宇垣に対し、元TBSの先輩アナがダメ出しをしていると報じた内容。それに対し宇垣が怒り、「ヌード写真集」出版に踏み切る可能性があることをスクープした。宇垣は本誌がすっぱ抜いた、この「怒りのフルヌード」計画に大乗り気だという。

 「宇垣は実際、レギュラー番組降板などをめぐってTBSとの関係が悪化した後、親しい周囲に“こうなったら脱いじゃおっかな。TBSも困るでしょ”と退社前から語っていたとされます。実話のすっぱ抜きを受け、さらに意を強くしており、フリーになった現在も“『怒りのフルヌード』、やっちゃうかもよ”とこぼしているとか」(同)

 実は、宇垣が「いちばん好き」と評した本誌記事にはもう一つ、重要なポイントがあった。2016年12月に熱愛が報じられた『Hey!Say!JUMP』伊野尾慧との関係について「いまだに付き合っているようです」という関係者証言も掲載されていたのだ。

 「宇垣はヤフーニュースの取材に実話の記事を紹介しているため、それを受けてネットなどで当時の実話を読んだ読者は、伊野尾との交際継続証言も目にしてしまう。つまり宇垣は実話の記事を使い、間接的に伊野尾とはまだ付き合っている、と世間にアピールしたかったのでは」(芸能関係者)

 宇垣は最近、局アナ時代以上に問題発言を連発している。7月12日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、自身が番組降板人事を告げられた際、局内で起こしたとされる「コーヒーぶちまけ騒動」の真相を語りつつ、この話が一部誌に漏れたことに怒り、TBS局員らのことを「民度が知れるわ」と言い放った。

 「この“民度発言”にTBS局内では幹部らが激怒しています。ただ、そうした状況を知った宇垣も逆ギレしているといい、いよいよ本当に“怒りのフルヌード”付きの暴露本出版など、本格的報復が始まるかもしれません」(TBS関係者)

 本誌グラビア班は『怒りのフルヌード』をいつでも撮れるようにスタンバイしております。是非ともご指名のほどを。ハイッ!

関連記事
芸能新着記事