彩川ひなの 2018年7月5日号

全国SEX調査 都道府県別 おんなが感じる「こことあそこ」(2)

掲載日時 2018年01月18日 22時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年1月25日号

 鏡の前での愛撫や69、四つん這いにさせてのクンニリングス…。こうした少々変わった愛撫に抵抗を示すのが、ノーマル愛撫好きだ。
 「言い換えれば、恥じらいが強く気も強い女性。サバサバとした女性に限って、変なコトをされることを拒絶するんです」(青山さん)

 気が強い女性…これを元に県民性を調べると、北海道、福島県、茨城県、群馬県、福井県、広島県、宮崎県、熊本県が挙がった。
 「北海道は開拓時代から男女が対等に働いていたとあって、女性も男勝り。ベッドでも女性が主導権を握りやすいため、男性はあまり変わったことができない。自然と普通のセックスで楽しむようになるんです」(矢野氏)

 福島県、茨城県、群馬県も、昔から気が強い女性の多い県として有名だ。
 「群馬は特に“カカア天下”の土地と言われるほど、強い女性が多い。茨城も内面は女性らしい部分があるのに、男性の前ではつい勝ち気になってしまう。いい意味で非常に恥ずかしがり屋なんです。福島は男性がおとなしく女性に優しい風土なので、女性が強くなるんです」(同)

 福井県はリーダー的な女性が多い土地柄だ。
 「かつて、主婦連や地婦連の幹部には福井出身の女性が大半を占めていました。人の上に立てる女性たちなんです」(同)

 気が強い一方で、実はノーマル愛撫好きほど、イキたがる傾向もあるようだ。
 しみけん氏はこう語る。
 「広島の女性は、確かに変なコトをしようとするだけで怒る傾向にあります。それなのに、こっちが先にイッてしまったら“私はまだイッてないけん。もう1回!”と怒鳴ってくるんです(笑)」
 男はコツコツと女性が満足するまで、丁寧に愛撫すべきなのだ。

 男女とも男勝りな九州地方も、実はノーマル愛撫が主流。特に宮崎県と熊本県の女性は、その傾向が顕著だ。
 「宮崎は昔から美人が多い土地ですが、女性はとにかく気が強くて負けず嫌い。短気なところもあるので、ネチネチとしたしつこい愛撫は面倒臭がるかもしれません」(矢野氏)

 熊本県の女性は、熊本男児の影響が強いという。
 「熊本の男性は恥とか面子にこだわるので、セックスでも自ら変態的なことはあまりしない。熊本女性もそういう男性を好むので、焦らし責めや言葉責めなどの小細工をされると、嫌悪感を示すそうです」(同)
 ノーマル愛撫こそが“男らしい”のだ。

関連タグ:全国SEX調査

エンタメ新着記事

» もっと見る

全国SEX調査 都道府県別 おんなが感じる「こことあそこ」(2)

Close

▲ PAGE TOP