RaMu 2018年12月27日号

上原、松坂 二人の姿を追い、「あの頃」を想う

掲載日時 2018年03月21日 08時29分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

上原、松坂 二人の姿を追い、「あの頃」を想う

 プロ野球は連日オープン戦が行われ、目前に迫った開幕に向け各球団、多くの選手たちの仕上がりが伝わってくる。そんな中、今年は二人のベテランの去就が大きな話題となり、大いに華やかさを増している。

 巨人に復帰の上原浩治と中日を新天地の場とした松坂大輔だ。連日、両べテランの話題が聞こえてくる2018年の春、どこか懐かしい想いを抱いてしまうのは私だけではないはずだ。

■衝撃的なデビューを飾った頃
「あの頃」も今のように、上原・松坂という二人の投手の話題で持ち切りだったことが蘇ってくる。19年前の1999年。この年、二人はルーキーとしてプロのマウンドに登り続け球界の空気を変えた。

 共にルーキーでありながら開幕から先発ローテーションに組み込まれ、力強い投球を披露する。その動向は春先よりプロ野球ファンの関心を集め、共にその期待に存分に応える活躍を繰り広げ、その右腕から放たれる球威は打者を圧倒し、チームを勝利に導くだけでなく、技術を超えた気迫や人間味なども感じられた。そして、シーズンが始まって間もなく、二人には共通の言葉が贈られるようになる。「エース」という言葉だった。

 上原は巨人の大黒柱として球界では9年ぶりとなる20勝を挙げ、松坂は西武ライオンズ(当時)で、さらには日本代表にも送り込まれるなど獅子奮迅の働きを続け、その衝撃はもはや球界の枠におさまらず、日本のスポーツ界全体を揺るがすほどだった。

■野球小僧たちの新たなシーズン
 時は経ち、二人は図らずも同じセ・リーグに属し、新しいシーズンを迎える。中日ドラゴンズでここまで二度のオープン戦のマウンドに立った松坂は、長年悩まされた肩の痛みと現在も戦いながら開幕へ向け、調整を続ける。3月に入り正式に巨人復帰が決まった上原は19日、1軍に合流し内野手との連携やサインプレーの確認を行っている。

 松坂は今年38歳、上原は来月には43歳を迎える。そして、二人とも年齢を重ねただけでなく、チームでの立ち位置や投球スタイル、背番号も大きく「変化」をみせている。

 先発・完投する場面はおそらくは訪れることはないだろう。三振の山を積み上げる機会も少ないはずだ。それでも、あの日の、ルーキー時代の躍動する姿を思いながら、現在の一挙手一投足を見つめる、それもまたスポーツを観る楽しさではないだろうか。

 上原、松坂はあの頃のまま、ファンに夢を届ける存在であり続ける。

 様々な経験を重ね、プレーする場を求めてたどり着いた「野球小僧」たちのここからを追いかけていきたい。(佐藤文孝)

関連記事
オープン戦終盤に一軍合流 救世主・上原に「ヘンなクセ」が…
上原浩治が古巣帰還へ 日本関係者が言う「次はイチローの番!」の真相
「星野監督から伝わったもの」
上原浩治、大谷を打ち取るための配球を語る
上原浩治が嫉妬したプロ野球選手とは…

スポーツ新着記事

» もっと見る

上原、松坂 二人の姿を追い、「あの頃」を想う

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP