RaMu 2018年12月27日号

元人気お笑いコンビ“グレチキ”のメンバーを逮捕 ブーム後の生活は…

掲載日時 2018年11月12日 23時51分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

元人気お笑いコンビ“グレチキ”のメンバーを逮捕 ブーム後の生活は…

 兵庫県警加古川署は12日、酒気帯び運転の疑いで、元芸人で俳優の北原雅樹容疑者(42)を現行犯逮捕した。報道によると12日午前2時半ごろ、加古川市尾上町今福の交差点付近で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。同署によると、「青信号なのに動かない車がある」と同日午前2時15分ごろ通報があった。ゆっくりと動く北原容疑者の車を警察官が呼び止めたところ、同容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールを検出したという。同容疑者は一人で運転していた。「働いているバーでハイボールを3杯飲んだ」と容疑を認めているという。

 北原容疑者は以前、お笑いコンビ「グレートチキンパワーズ」のメンバーとして人気を博していた。事件を知ったネットユーザーからは「昔はアイドル並みに人気があったのに、落ちたな」「当時は女子高生にすごい人気だった」「歌だけは強く印象に残ってる」などと、北原容疑者の凋落を嘆く声が多数上がっていた。

 グレートチキンパワーズは、北原容疑者と、現在は漫画原作者で脚本家の渡辺慶からなるお笑いコンビ。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)の企画、お笑い甲子園全国大会で優秀賞を受賞したことをきっかけに、1994年に芸能界デビュー。「グレチキ」の愛称でアイドル的な人気を集めていた。1995年1月には、シングル『MIX JUICE』でCDデビューし、30万枚を超えるヒットを記録。北原容疑者は、いしだ壱成や香取慎吾が出演したドラマ『未成年』(TBS系)にも出演した。

 芸人としてのブームが去った後のグレチキには目立った活躍はなかった。2000年には、観客100人の投票によってネタの放送可否が決まるお笑い番組『爆笑オンエアバトル』(NHK)に出場した際に、0票という不名誉な記録を残してしまう。北原容疑者は、『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)の2017年9月28日放送分でこの件を振り返っている。「(観客の投票する)玉が…転がらない。玉が0個」と、100人の観客から1つもボールを流してもらえず、「伝説の事件」として今でも語り継がれていると話した。

 2005年9月にコンビは解散。その後、北原容疑者は、個人事務所・フロムノースフィールドを設立し、即劇遊団あドり部を旗揚げ。2016年には、妻でタレントの杉本真紀とともに兵庫県加古川市の観光大使に就任。バーで働くかたわら、舞台俳優として評価されていた。

 北原容疑者は、署の調べに対し職業について「グラフィックデザイン業」と答えたと報じられている。俳優と名乗らなかったのは、自分でも“芸能人とはもう名乗れない”と実感していたからだろうか。

文/大久保 舞

関連記事
よゐこ、『元気が出るテレビ』出演していた 他にも素人時代の意外な出演者が
ガリガリガリクソ\ンがインパルス堤下の復帰に苦言 「お前が言うな」レスが殺到
オフィス北野、11月に露骨な“森社長外し”? 首謀者ビートたけしが再び古巣に戻る可能\性は
「出会ってしまった」? ASKA、独特の表\現で薬物にハマった日々を告白
“モテ女”片瀬那奈、沢尻エリカとのダブルデート報道をいじられるも余裕の発言

芸能新着記事

» もっと見る

元人気お笑いコンビ“グレチキ”のメンバーを逮捕 ブーム後の生活は…

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP