竹内渉 2018年8月2日号

ネプチューン名倉が2週間仕事ストップ! 実は結構ある、芸人のさまざまな休養・謹慎事情

掲載日時 2018年07月12日 07時53分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

ネプチューン名倉が2週間仕事ストップ! 実は結構ある、芸人のさまざまな休養・謹慎事情

 ネプチューンの名倉潤が9日、所属事務所を通じて休養することを発表。6月末に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、継続的な内服の必要があるため10日から約2週間仕事を休む。トリオとしても個人としても多数番組を抱える名倉だが、こうした人気芸人が休養に入ることは珍しくないという。

 「ナインティナインの岡村隆史が2010年に心の病で休養したのは有名な話。当時、レギュラー番組に加えて映画のプロモーション、ひとり芝居の準備などで多忙を極め、相方である矢部浩之に『お金がないねん』と意味不明な発言をしていたことを明かしています。ほかにも、ダウンタウンの松本人志は左股関節唇損傷、ガレッジセールの川田広樹は急性肺塞栓症を患うなど休養事情はさまざま。キングコングの梶原雄太にいたっては、あまりの多忙が原因で、岡村と同じく心の病気で休養しています」(芸能ライター)

 また、謎に包まれたまま休養に入る芸人もいる。アンタッチャブルの柴田英嗣は「病気療養」として休みに入ったが、発表当時は「浮気などの女性問題では?」と噂されており、真相は不透明なまま。のちに女性トラブルでの誤認逮捕が原因だったことを明かした。ほか、今年に入って江頭2:50が一時的に仕事を休んだ時期もあった。事務所は「仕事が一段落したため」と発表したが、さまざまな噂が飛び交っていたのは事実。
 こうした病気やケガなどで休むのは仕方ないのだが、“身から出た錆”で芸能活動をストップせざるを得ない場合もある。特に女性関係は死活問題で、最近では狩野英孝が記憶に新しいだろう。過去には未成年と不適切な関係を持ったとして東国原英夫や130Rの板尾創路が謹慎、極楽とんぼの山本圭壱は解雇(2016年に復帰)となっている。

 「不祥事などで休養する芸人は、露出をなくすことでネガティブな印象を払拭したり、“芸能生活を心機一転したい”という気持ちが強いのでしょう。人を笑わせる仕事なので、余計なイメージは邪魔ですからね」(同上)

 これから、ますますコンプライアンスが厳しくなっていく時代になる。これまでは謹慎や休養で済んでいたものが、芸能活動終了という選択を余儀なくされる場合だってあるのだ。そんなことはファンは望んでいない。芸人には自分の仕事を全うしてほしいものである。

関連記事
渡辺満里奈、名倉潤の心配性暴\露「旅行に行くときは玄関に塩」
中居正広、ジャニーズ残留でも癒えない“心の傷” 人気グループとも共演NG?
ネプチューン名倉潤が「よりタイ人らしくなりたい」と笑顔
明石家さんま「1位だからって上から言うな」 サンドウィッチマンに嫉妬も、懐の深さ見せる
社長も認めた 『RIZAP』痩せ、リバウンド率の高さはタレントに限ったことなのか

芸能新着記事

» もっと見る

ネプチューン名倉が2週間仕事ストップ! 実は結構ある、芸人のさまざまな休養・謹慎事情

Close

▲ PAGE TOP