小瀬田麻由 2019年2月28日号

阪神タイガース29年ぶりの日本一で噴出する“お家騒動”(2)

掲載日時 2014年10月25日 13時00分 [スポーツ] / 掲載号 2014年11月6日号

 とはいえ阪神はタイトルホルダーの昇給&慰留に加え、福留に対しても来季、1億5000万円を払わなければならなくなった。
 「中島裕之(アスレチックス2A)の獲得報道に西岡が疑念を感じています。守備位置のかぶる西岡は『自分は必要とされていないのか』と不満に感じ、満足のいく提示がなければ移籍も視野に入れているそうです」(同)

 また、ここに来て全く予想していなかった事態も発覚。メジャースカウト陣が能見にラブコールを送り始めたという。
 「能見は制球力があり、スプリットを決め球にしています。田中将大やダルビッシュのような速球は投げられませんが、技巧派の岩隈久志も向こうで成功しており『年齢は関係ない。十分通用する』と」(球界関係者)

 能見が海外FA権を取得するのは来季終了後。阪神は基本的に入札制度を容認していないが、国内FA権を取得した今オフは、まず複数年契約を提示しなければならない。長年、先発ローテーションを支えてきた功績に見合うだけの昇給がなければ、エース喪失の危機に直面する。
 「CS初戦で好投した藤浪晋太郎も、2年連続2ケタ勝利で大幅昇給が確実です。優勝はできませんでしたが、阪神ナインの大半が昇給対象」(前出・ベテラン記者)

 マネー戦争が避けられそうにないオリックス・金子千尋や楽天・嶋基宏の争奪戦にも参加するつもり。前出の球界関係者によれば、阪神経営陣は単年契約の選手はもちろん、FA権取得の西岡、能見ともまだ下交渉を行っていないという。当然、彼らは日本シリーズを「自身を高く売り込む絶好の機会」とも捉えている。監督人事でモメたため、時間がなかったらしい。
 結果的にそれは阪神選手を躍起にさせ、今、日本シリーズへの闘争心を掻き立てているのだが、トンデもない額の“チーム総年俸”を払う流れになってしまったようだ。
 「ゴメスの代理人は吹っ掛けくるでしょう。1億2000万円から倍増が残留の最低ラインとなり、そのトバッチリを食うのは新井貴浩です。3年契約最終年の今季も不振でしたし、残留なら現在の年俸2億円から大幅減給でしょう」(前出・在阪記者)

 いや、新井貴も日本シリーズをラストチャンスと捉え、大爆発するかもしれない。ともあれ日本シリーズを第7戦まで戦うことになれば、甲子園球場は4試合を主催できる。グッズや弁当、気温が低くてもビールを売りまくって収益を上げなければ、トラは“29年ぶり日本一で大赤字”の窮地に陥ってしまう。

関連タグ:阪神タイガース 野球


スポーツ新着記事

» もっと見る

阪神タイガース29年ぶりの日本一で噴出する“お家騒動”(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP