葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 満島ひかり ドM女優の伝説「指マン・オナニー」濡れ場シーン(1)

掲載日時 2016年06月05日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年6月9日号

貞淑美女タレントの性白書 満島ひかり ドM女優の伝説「指マン・オナニー」濡れ場シーン(1)

 「離婚と同時に新しい男の存在も明らかになるなんて、カワイイ顔して、彼女もなかなかやりますね」(芸能関係者)

 女優の満島ひかり(30)が、夫で映画監督の石井裕也氏と今年1月、極秘離婚していたことを『FLASH』がスッパ抜いた。
 「満島は'10年10月、石井氏と結婚しました。同年5月に公開された映画『川の底からこんにちは』でヒロインと監督の関係で出会った2人は、撮影中に同棲をスタート。めでたく結婚に至ったのです」(ワイドショー芸能デスク)

 しかし、結婚生活は5年余りで終止符が打たれた。
 「生活観や結婚観、価値観の違いが原因のようです。カラオケ好きの満島の十八番は、リフォーム住宅メーカーのCMソングとして有名になった吉幾三の『ドリーム』。案外、家庭的なんです」(芸能ライター・常山洋氏)

 また同誌には、瑛太の弟で同じく俳優の永山絢斗とのツーショットも掲載。離婚と同時に新恋人の存在も明らかになった。
 「永山は満島より3歳年下の27歳。2人は'11年のNHK朝の連続テレビ小説『おひさま』や、一昨年の連ドラ『ごめんね青春!』(TBS系)で共演。もともと仲のいい友人でした。兄の瑛太も満島と共演したことがある。そこに、今年1月から瑛太と彼女の弟で俳優の満島真之介が舞台『逆鱗』で共演した。稽古が始まった昨年12月あたりから、家族ぐるみでよく会うようになったというわけです。ご承知のように、瑛太の妻は歌手の木村カエラです」(プロダクションマネージャー)

 永山は現在、連ドラ『重版出来!』(TBS系)に出演中。
 「収録の合間を縫って満島のもとを訪れる永山の姿が何度も目撃されています。当然、“お泊まり”もあり、いつ“できちゃった婚”になってもおかしくありません」(芸能記者)

 さて、満島ひかりは1985年11月30日、沖縄生まれの30歳。自身は長女で、弟2人、妹1人の6人家族の中で育った。
 「祖父がフランス系アメリカ人のクオーターというだけあって、見るからに美しい。家族の絆がとても強いことでも有名です」(テレビ局関係者)

 両親は中学の体育教師(共に日本体育大学出身)で生徒指導も兼ね、厳しく育てられたという。
 「朝は毎日5時からの“ミーティング”から始まったそうです。またその時、何をしていようが父親の指笛が鳴ったら問答無用で全員集合。そのミーティングの号令役を担当するのが、長女のひかりだったそうです」(芸能プロ関係者)

 しかし、満島は足が遅く、運動は苦手だったという。
 「そこで彼女は父親から読書を勧められ、小学生の頃はミステリー小説を読みながら妄想ばかりしていたそうです」(トーク番組スタッフ)

 しかし、決して引っ込み思案な子供ではなかったようだ。
 「家族内での役割と同じように、仕切り屋で目立つのが好きだったそうです。小学校では、ずっと学級委員を務め、文化祭では“ひとり芝居”を披露していたそうですから、その頃から、女優としての素養があったというわけです」(前出・常山氏)

 小学校4年生の時、幾多の芸能人を輩出している『沖縄アクターズスクール』主催のオーディション『第2回安室奈美恵withスーパーモンキーズオーディション』を受けて、見事グランプリを受賞。7人組のアイドルユニット『Folder』の“HIKARI”として1997年、CDデビューを飾った。
 そして、2000年には5人組の『Folder5』として再スタートしたが、思うように売れず、'02年、事実上の解散に追い込まれてしまった。
 「解散後は体を張って水着グラビアに挑戦したり、バラエティー番組にも出演しました。モノマネ番組では、カツラをつけて浜崎あゆみをやったこともありました。まさに、不遇の時代でした」(前出・芸能関係者)

 それでも、『モスラ2 海底の大決戦』('97年)の子役にはじまり、『ウルトラマンマックス』('05〜'06年・TBS系)のアンドロイド・エリー役など、細々ではあるが演技の仕事はしていた。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 満島ひかり ドM女優の伝説「指マン・オナニー」濡れ場シーン(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP