中島史恵 2018年8月23・30日合併号

テレ朝Pの「過労死」発覚 名物ディレクター“ナスD”の出演どうなる

掲載日時 2018年05月17日 23時09分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

テレ朝Pの「過労死」発覚 名物ディレクター“ナスD”の出演どうなる

 5月16日、2015年に心臓の病気で死亡した元テレビ朝日の50代の男性プロデューサーが、長時間労働による過労が原因だったとして、労働基準監督署の労災認定を受けていた事実をNHKニュースが報じている。

 報道によると、倒れる直前の時間外労働時間は、70時間から130時間に上っており、死亡原因は長時間労働による過労が原因だった、と労基が認定しているという。

 テレビ朝日はこの報道について、「重く受け止めている」とコメントしており、今後テレビ朝日社内では、『働き方改革』について深く見直すこととなりそうだ。

 また、今回の過労死報道が明るみになったことで、放送業界の間では今後、テレビ朝日制作のバラエティ番組の作り方も大幅に変わっていくのではないかとされている。

 例えば、2017年に「ナスD」の名称で大ブレイクした『陸海空 地球征服するなんて』の友寄隆英ディレクターは、タレント顔負けのリアクション&体当たり取材で『陸海空』の人気者となったが、そのストイックな仕事ぶりは視聴者を「ドン引き」させたことも少なくなく、視聴者の間では「頼れるけど上司にしたくない人」「この人と一緒に仕事したら疲れそう」と評されていた。

 また、友寄ディレクターはテレビ朝日の社員ではあるが、『陸海空』のロケ状況を見るに、明らかに長時間労働となっており、友寄ディレクターのような超人的な体力をもってしないとテレビ朝日のスタッフは過労死してしまうのではないかと業界の噂になっている。更に友寄ディレクターは、同番組において番組制作を統括する「ゼネラルプロデューサー」も兼ねている。

 近年は「時間外労働」および「パワーハラスメント」が社会問題となっており、テレビ朝日ではこれまでタレントの代わりに出演してきた「新人AD」といった立場の弱いスタッフの内輪出演をセーブ。代わりに登場してきたのが「ゼネラルプロデューサー」という肩書きを持つ友寄ディレクターだったが、今回の50代プロデューサーの過労死報道をきっかけに友寄ディレクターも近々、テレビ出演を終えてしまうのではないかと噂されている。

関連記事
テレ朝のセクハラ対応は「ギリギリセーフ」?社員や視聴者からは異論続出
横並び…問題発言… 地震報道でテレビのモラルが問題に
ネット暴\走「日大ラクビー部最低だな」 日大アメフト部とは無関係の団体に“お門違い”の批判
『世界仰天ニュース』衝撃映像に軽く炎上も、視聴率好調 人気の秘密は
芸人の「仮バラシ」、波紋広がる 麒麟・川島、ムーディー勝山の悲哀エピソ\ードが話題

芸能新着記事

» もっと見る

テレ朝Pの「過労死」発覚 名物ディレクター“ナスD”の出演どうなる

Close

▲ PAGE TOP