鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

貞淑美女タレントの性白書 夏樹陽子 妖艶すぎる62歳ピンクの「乳首と女陰」の秘密(3)

掲載日時 2014年11月07日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2014年11月13日号

 1983年の夏、夏樹は2歳年下のギタリスト・平野洋一氏と結婚した。
 「2人はすぐに事務所を設立。平野氏が社長におさまりましたが、半年後に別居。そして、わずか9カ月後にはスピード離婚してしまいました」(ワイドショーレポーター)

 離婚の直前、夏樹は自宅前で暴漢に顔を殴られるという“事件”に遭い、後日、それが離婚届に署名した日ということがわかって、様々な憶測が乱れ飛んだ。
 「結局、平野氏が夏樹の稼ぎをアテにして何もしなくなったのが最大の理由でした」(芸能関係者)

 再婚は、その2年後。お相手は16歳年上の大阪の実業家・山口義治氏だった。
 「山口氏は大阪ミナミや芦屋でレストランやクラブを経営していて、当時夏樹は“芦屋夫人”と騒がれたものでした。しかし、その後経営が悪化。借金がかさむにつれ夫婦仲が悪くなり、別居を経て、'94年暮れに離婚してしまいました」(前出・芸能レポーター)

 が、これで落ち込むような夏樹ではなかった。直後に、なんとヘアヌード写真集を発売。さらに、縛りあり、レイプありの過激なVシネマ『XX』に主演して“魅せた”のだ。
 「当時のスリーサイズは上からB83・W63・H90。乳首はピ〜ンと上向きのピンク色。それほどの“使用感”は感じませんでした。その後、もう一冊、ヘアヌード写真集を出しましたが、今の60代のハダカをぜひ見たいですね。オヤジたちの下半身を熱くさせ、フル勃起させるのは間違いないと思います」(出版関係者)

 このところ、
 「恋人は、フェラーリ」
 と言ってはばからない夏樹だが、いつオファーが来てもいいように、カラダのケアーは毎日入念に行っているという。
 「古来、チベットの僧侶が瞑想に入る前の準備体操として行っていた“チベット体操”(ストレッチの一種)をしているそうです。食事は玄米とアマランサス(南米原産の雑穀)とスムージー。これで便秘になることもなく、美肌・美体の維持はバッチリのようです」(芸能記者)

 そして、最後はコレ。
 「鏡の前での“全裸ボディー”チェックです。足を大きく高く開くこともあるそうですから“中”までバッチリです」(同)

 このポーズをぜひ写真集でやってもらいたいっ!!

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 夏樹陽子 妖艶すぎる62歳ピンクの「乳首と女陰」の秘密(3)

Close

▲ PAGE TOP