菜乃花 2018年10月04日号

オートレース SGオートレースグランプリは初物に注意?

掲載日時 2016年08月09日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年8月18日号

 今年度からSGのスケジュールが変更され、シルバーウイークに開催されていた『SGオートレースグランプリ』が8月開催(10日〜5日間)となった。
 開催時期こそ変更となったが、他のSGには見られない『傾向』がある。それは、新たなSGウイナーが誕生しやすい大会である事。
 過去、年末に開催されていた頃から何故かSG初制覇をこのグランプリで成し遂げる選手が多数。開催が8月にズレても、このジンクスは把握しておきたい。

 では、もし今回の大会でそうなるとすれば誰か? その筆頭は満場一致で鈴木圭一郎だろう。スタートも切れ、捌きも申し分ない。
 同支部の金子大輔も「速いし、整備もうまい。いい刺激になります」と話すが、これは本音だろう。
 全国の誰が相手でも対等に戦える戦闘力があり、スタートから何から何までSGクラスの水準だ。

 他ではどうか? SG無冠の選手で「優勝」まで考えられる選手は、早川清太郎と篠原睦となる。
 早川は出負けする事が主な敗因だが、道中の脚力は遜色ない。地元でもありマークしたい。
 また、篠原はGI以上を優勝できていないが、その安定感とダッシュ力は魅力。マシンが抜群に仕上がるようなら一考したい。

 過去のジンクスが生きるのか? それとも既成勢力が勝つのか? 前述3人の動向は、しっかり注意しておきたい。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース SGオートレースグランプリは初物に注意?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP