菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 香里奈 4年ぶり主演ドラマ不発で動き始めたヘアヌード仕掛け人(2)

掲載日時 2015年11月04日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年11月12日号

貞淑美女タレントの性白書 香里奈 4年ぶり主演ドラマ不発で動き始めたヘアヌード仕掛け人(2)

 私立・名古屋女子大学中学校に進学。安室奈美恵の大ファンで、厚底ブーツを履いた“アムラーファッション”で街を闊歩していたという。
 「5歳上の長女・あんな、2歳上の二女・えれな、そして香里奈は“能瀬美人3姉妹”として有名でした」(モデル関係者)

 あんなが『JJ』、えれなが『CanCam』のレギュラーモデルだった影響で、香里奈も15歳でモデルの世界へ。
 名古屋女子大学高校1年の時、さっそく『Ray』の専属モデルに抜擢された。その後、'01年1月の連ドラ『カバチタレ!』(フジテレビ系)でドラマデビュー。

 同年5月からは名古屋テレビのバラエティー『ナマタノオロチ』に司会者として出演した。
 「しかし、香里奈はトークが大の苦手で、番組でほとんどしゃべれずじまい。以来、司会の仕事はやっていません」(テレビプロデューサー)

 座右の銘は“根性”という熱血タイプ。その後は、モデルと女優の2本柱で活動することを決意した。
 '02年1月にはドラマ『ロング・ラブレター〜漂流教室』(フジテレビ系)に出演。また同年春には、『フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー』に選ばれたのを機に、水着姿を惜しげもなく披露して知名度がアップ。水着姿てんこ盛りのビデオ『infini』もリリースした。
 「このビデオを“おかず”にして男の精を発散していたファンがたくさんいました。CMのオファーもあって、彼女の生活は日々充実していたと思います」(テレビ局関係者)

 '05年には、映画『深呼吸の必要』で第14回日本映画批評家大賞新人賞を受賞。ウエディングドレスのプロデューサーとしても活躍するようになり、人気マルチタレントの仲間入りを果たした。
 「当然、男関係はどうなっているのかということで、写真誌がベタ張りしましたが、浮いた話は一切出て来ませんでした」(ワイドショー芸能担当デスク)

 噂がなかったのは、人見知りで付き合い下手なせいだと言われたものだった。
 「初対面の人がいると気疲れするとの理由で、飲み会には行かない。親しい芸能人も少なかったし、合コン経験もなかったはずです」(芸能プロ関係者)

 休日は部屋に引き籠ってゲーム三昧。ストレス解消のカラオケは、同居の姉たちと行っていた。
 「生活は“干物女”な上に恋愛ベタ。いざ交際すると周りが見えなくなり、恋愛一直線の本気モードになって相手にドン引きされてしまうと嘆いていました」(テレビ局関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 香里奈 4年ぶり主演ドラマ不発で動き始めたヘアヌード仕掛け人(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP