菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 木南晴夏(30) 押しに弱く簡単にベッドイン!

掲載日時 2015年10月16日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2015年10月22日号

 今回取り上げるのは、NHK連続テレビ小説『マッサン』にも出演していた女優の木南晴夏。個性的な顔貌で、演技派と呼ばれるだけあって、表情(とりわけ眼)も豊かだ。吊り上がりの猫目に特徴があり、眉も上がっていて、負けず嫌いの強い気性の持ち主。
 反面、鼻と口が弱く、性愛においては、良く言えば女性的で情け豊か、悪く言えば多情で成り行きまかせ。

 彼女は目の周囲にホクロ(相学的にはキズと同じ)が多く、セックスや夫婦関係のトラブルと縁が深く(後に詳述)、SEX診断チャートの高い評点も、総じて凶含みだ。
 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の張りは悪くなく、性感は良好。強い目力は性欲の強さを表してもいる。
 受動愛の下唇がぽってりと厚めで、鼻相が(低めで鼻孔が覗き)子供っぽく、ベッドでは受け身で、気取らず愉楽に没頭する。歓待紋(唇の細かな縦皺)が豊富で、吊り上がりの眼相からも、フェラチオなどの奉仕性戯を惜しまない。
 【淫乱度】は高く、「4」。

 先天的名器度を観る、耳の穴の手前にある切れ込みが狭くて深い名器耳。口元の肉付きも悪くなく、おちょぼ口っぽい引き締まった口角(唇の両端)は、膣肉の後天的な締まりの良さを示している。
 【名器度】も「4」。
 口が小さめで生命力や生活力は強くない。金甲(小鼻)の張りが良く、吊り上がりの眉目とともに、弱い精力を補っている。【絶倫度】は「2」寄りの「3」。
 吊り目女性は気が強く、男性は尻に敷かれがちだが、あげまんで男の運気を上げてくれる。彼女は金甲の張りも良く、最近は眉をやや弓なりに作ってもいて、こちらもあげまん要素だ。
 惜しむらくは豊かな臥蚕と厚すぎる下唇で、トータルで観て【あげまん度】も「3」。

 彼女は山根(鼻の付け根)が低く、鼻相も幼児的で、防御が甘い。正面から鼻孔が覗くのはあけっぴろげな気質で、男に手の内を隠しておくことができない相。
 口の小さな女性は押しの一手に弱く、迫られると簡単にベッドまで引き込まれてしまう。
 また、まれな相だが、彼女は左目の白目部分に黒点がある。多淫の相で、白目の目尻側にあるので、誘惑されるのを待っているようなところがある。右魚尾(目尻)のホクロも尻軽相で、本人の行状が原因で夫婦仲を悪くする。【尻軽度】も「4」と高い。
 右臥蚕にあるホクロは、性愛上の不満や子供で苦労する相。左田宅(上瞼)にあるホクロも愛情面でのトラブルを暗示している。
 相の強弱の落差が大きく、魅力と危うさが入り交じっていて、それがまた男性の関心を惹く小悪魔なところがあり、家庭よりも芸能向きと言える女相だ。


【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 木南晴夏(30) 押しに弱く簡単にベッドイン!

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP