“歌姫”中森明菜を蝕んだ「禁断の恋」

芸能・2020/05/04 20:00
“歌姫”中森明菜を蝕んだ「禁断の恋」

中森明菜

閉じる

 芸能界において“禁断の恋”とは、ままあるとされている。また、それによって起こる男女トラブルも絶えないが、“歌姫”と言われた中森明菜の自殺未遂騒動もまた「禁断の恋ゆえのものであった」と言えるのではないだろうか。

 1982年に『スローモーション』でデビューするや一躍スターダムにのし上がった明菜は、85年に『ミ・アモーレ』、86年に『DESIRE』など次々に話題曲をリリース。相次いでレコード大賞を受賞するなど、女の情念を前面に出した楽曲で瞬く間にトップスターの座に定着した。そんなきらびやかな芸能生活を送る中、「デビュー前から憧れていた」という“マッチ”こと近藤真彦と、映画『愛・旅立ち』(85年公開)での共演をきっかけとして交際を開始したのだ。

★近藤真彦の母の遺骨が盗まれるトラブルも

 しかし、結婚願望を募らせる明菜に対し、近藤は当時のジャニーズ事務所の大黒柱という立場に加え、本人もまだ結婚で身を固めるという意向がなかったことから、2人の間にすれ違いが発生。これにより近藤の気持ちが、明菜から離れていったとされている。さらに、87年のレコード大賞では、3連覇がかかる明菜に対して、近藤の『愚か者』が阻止したという皮肉な構図も離別を後押しした。

 ちなみに、この年のレコード大賞をめぐっては、近藤の母の遺骨が神奈川県の墓地から盗まれるという事件が発生。近藤のもとには遺骨と引き換えにレコード大賞を辞退しろという内容の脅迫状が届いていた。この事件は現在も未解決であり、遺骨もまだ見つかっていないが、真犯人は明菜の熱狂的なファンで、彼女の3連覇を確実なものにするために犯行に及んだのではないかと見る向きもある。これらの出来事が、2人を引き離した一因になった可能性も否定できないだろう。

 その後、両者の中を決定的に悪化させることとなった近藤の「密会問題」が、89年2月に報道される。この時、近藤はハワイで明菜とデートをした後、ニューヨークで松田聖子と密会していたと週刊誌が報じたのだ。当時の明菜は、近藤と喧嘩をするたびに自殺未遂を起こしていたとされ、コンサートをドタキャンするなど精神状態は悪化してしていた。その結果、同年7月11日には、六本木にあった近藤のマンションで左ひじの内側を深く切り裂く、リストカットならぬ「アームカット事件」を起こしてしまう。帰宅した近藤に発見された明菜は、病院に搬送されて一命を取り留めたものの、その年の大みそかに近藤とともに開いた会見では、明菜が騒動を起こしたことを詫びる傍らで、近藤は明確に明菜との結婚を否定。ここで2人の交際は事実上の終わりを告げたのだ。

 この後も明菜は芸能活動こそ続けるものの、所属事務所とのトラブルや体調不良による長期休養などに見舞われ、全盛期の輝きを取り戻せてはいない。近年では2014年の『紅白歌合戦』に出場して話題を呼んだが、94年に一般女性との結婚を果たし、07年には一児をもうけた近藤に対して、明菜は今も独身を貫いている。前述の事件が尾を引いているとすれば、まさに「恋に翻弄された犠牲者」と言えるのかもしれない。

関連記事
芸能新着記事