菜乃花 2018年10月04日号

極悪レイプ集団が考えた悪辣AV詐欺手口の全貌(3)

掲載日時 2016年02月08日 23時00分 [事件] / 掲載号 2016年2月11日号

 被害者の1人である田中理香さん(27)は仕事から帰宅途中、いきなりワンボックスカーから出てきた2人組の男たちに押し込められて拉致された。
 「キャーッ!」
 「黙れ、静かにしろ。山に捨てられるか、海に捨てられるか、どっちがいい?」

 大村は理香さんの右側に座り、左手で理香さんの首を絞め、「今から服脱いでパンティー1枚になれ。お前がいくらになるか聞くからな」と脅し、「この女なら400万円でいけるなぁ」と言いながら、スマホでバシャバシャと写真を撮った。
 「私を外国へ売り飛ばす気ですか?」
 「そうじゃねえ。AV女優として使えるかどうかテストをするだけだ」

 運転手の宇野は大村に命じられて山の中へ。
 「よし、ここでヤルからな。おとなしくしろ」

 大村は理香さんの後頭部を押さえ込み、いきなりペニスを口の中に押し込んでイラマチオした。
 「うおおっ、出るっ!」
 理香さんの口の中にスペルマの味が広がった。さらに間髪を入れず、また別のペニスが入ってきた。その男も激しくイラマチオし、短時間で射精した。
 「まだまだヤリ足りねぇな。最低5発は抜かないとヤッた気がしねえ。次は3人でマワしてやろうか?」
 「いやっ、お願いです。お金なら差し上げますから、もう許して下さい…」
 「本当だな?」

 大村たちは理香さんからキャッシュカードを奪い、暗証番号を聞き出し、近くのコンビニのATMで約65万円を引き出した。さらに理香さんの自宅マンションに押し入り、ブランド物のバッグなど8点を奪った。その隙に理香さんは逃げ出し、警察に駆け込んだ。
 それから3日後、大村と宇野と山口は、わいせつ目的略取や強盗容疑などで警察に逮捕された。理香さんに対する容疑ではない。同じ手口で別のスナックホステス(45)を襲ったというものだった。
 3人に奪った金の使い道などを追及するうち、不自然な金の流れが判明。それが全国で相次いでいたAV詐欺の戦利金であることが発覚し、女優役のマミや共犯の男たちも逮捕された。

 事件が報道されると、新たな詐欺事件の被害者たちが次々と名乗り出てきて、捜査終結の見通しすら立たないありさまになった。だが、大村はこれだけ多額の金を騙し取っていたのに、金はほとんど残っておらず、被害金の回収は絶望に近い。
 いずれにせよ本人がネットに書き込んでいたように、相当の長期間「君たちとは住む世界が違う」ことになるのは間違いないだろう。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

極悪レイプ集団が考えた悪辣AV詐欺手口の全貌(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP