菜乃花 2018年10月04日号

JK撮影会モデルをハメ撮り!! 海外サイトで叩き売っていたエリートサラリーマン(1)

掲載日時 2015年10月23日 23時00分 [事件] / 掲載号 2015年10月29日号

 JKビジネスの店に摘発が入った。その際、店内では客の男(63)が女子高生(17)を裸にして、動画撮影している真っ最中だったので、経営者の男(60)は客の男ともども児童ポルノ製造容疑で逮捕された。
 店に家宅捜索が入り、客の身分証明書や連絡先リストが見つかり、客たちも芋づる式に児童ポルノ製造容疑で逮捕されることになった。逮捕後、経営者の男は次のように語った。
 「法律に違反しているのは分かっていたが、売り上げが爆発的に伸びたのでヌード撮影も許可した。女の子たちと仕事をしているときは楽しかった。客とは友達感覚で楽しくお金を稼いでくれたらいいと思っていた。女の子が嫌がることはやらせなかったし、女の子の立場に立って営業していた」

 経営者はもともとモデル仲介業をしていた男で、同店に在籍する女子高生たちは地元誌などで活躍する現役のモデルばかりだった。それ故、「本当にレベルの高い女子高生がそろっている」と評判になり、予約なしには入れない人気嬢もたくさんいた。
 ところが、その裏で経営者も知らない“別の事件”が進行していたのだ。店に在籍する女子高生モデルを次々と店外デートに誘い出し、援交してハメ撮りした揚げ句、その画像をアメリカのサーバーを使って不特定多数の閲覧者にたたき売っていた常連客がいたのである。その男の名前は小坂淳一(33)。普段は遠くに住む上場企業のエリートサラリーマンだった。

 小坂は出張が多く、現地の風俗情報などをネットで検索しているうちに同店のホームページを見つけた。
 《現役女子高生モデル多数在籍。初回のみ入会金5000円。個人撮影会は60分1万3000円》
 《モデルと2人きりで遠出する1日撮影会は3時間、5時間、7時間コースからチョイス可能》
 《プリウスを1日1万円ガソリン代込みで用意します。移動時間は往復2時間までカウントしません》
 小坂はその内容にほくそ笑み、実際に店に行って、その内容に偽りがないことを確かめた。小坂はもともと児童買春にハマっていた男で、その展開に持ち込むためだけに店に通うようになった。60分1万3000円の基本コースで入りながら、全くと言っていいほど撮影行為はせず、もっぱら会話に徹して、何とかして店外デートに持ち込もうと画策。金で転んだ女は金で転ばせるのが一番だ、という持論を持っていた。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

JK撮影会モデルをハメ撮り!! 海外サイトで叩き売っていたエリートサラリーマン(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP