葉加瀬マイ 2018年11月29日号

不倫ブーム終焉で出番減の橋本マナミが魅せ始めた本気エロス

掲載日時 2018年08月03日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年8月9日号

不倫ブーム終焉で出番減の橋本マナミが魅せ始めた本気エロス

 橋本マナミ(33)が実に魅力的になっている。
 「“ポスト壇蜜”として、自慢のGカップ乳を武器にエッチなグラビアで人気爆発。“国民の愛人”としてテレビにも引っ張りだこになりましたが、相次ぐ不倫スキャンダルへの批判から、愛人キャラがやりづらくなったこともあり、地上波でその姿を見る機会が減っていました。しかし、不倫ブームも沈静化し、とてもイキイキとエロさを増しているんです」(芸能記者)

 その魅力が炸裂したのは、7月5日放送のBSフジ『橋本マナミのヨルサンポIV』。橋本が、同世代の2〜3人の女子とホンネトークを繰り広げる番組だが、その内容はほとんどが下ネタで、この日の放送では、なんと橋本は「尻毛フェチ」であることを告白したのだ。
 「エッチの時も男性の尻毛はなかなか見えないので、抱きつくフリをしてワレメに指をすべらせて、指先でその生え具合を確認しているとのこと。リアルな描写に驚かされました。でも、改めてイメージしてみると、裸で立ったまま抱き合って、男性のアナル付近まで手を伸ばすのは困難だし、そんなシチュエーションもなかなかない。となると、いわゆる“仁王立ち”のようなスタイルでくわえ、喉奥深くに受け入れながら、実はその指先で尻毛のフサフサを感じて…なんていやらしいのかと、つい下半身を熱くしてしまいました」(同)

 何より、そんなスケべな話をしている時の橋本の表情のエロいこと。
 「頭の中では、歴代彼氏たちの尻毛の感触が再生されていたのでしょう。頬を上気させ、目を潤ませていましたね」(同)

 改めて輝き出した橋本の魅力を、あのNHKも見逃してはいないようだ。
 「10月スタートの朝ドラ『まんぷく』への出演が決まっています。しかも、華があって誰もが憧れる美人なのに、実は交際経験がなく、いまだに純潔を守っているという役なんです」(テレビ雑誌記者)

 禁欲的演技で、逆にフェロモンが溢れそうだ。

芸能新着記事

» もっと見る

不倫ブーム終焉で出番減の橋本マナミが魅せ始めた本気エロス

Close

WJガール

▲ PAGE TOP