『乃木坂46』白石麻衣“名誉OG”に就任!? 所属事務所がポスト擁立か

芸能・2020/06/01 21:45
『乃木坂46』白石麻衣“名誉OG”に就任!? 所属事務所がポスト擁立か

白石麻衣

閉じる

『乃木坂46』の白石麻衣が“乃木坂名誉OG”に就く可能性があるという。彼女はすでに卒業を発表しているが、卒業日は未定のまま。今後は名誉職としてそのまま残るというのだ。

「1月に卒業を発表。しかし年内の卒業も難しくなっています。白石にはファンのために卒業コンサートをやりたいという名目もある。だから、できないうちは残るのです。最近、彼女がいることを誰もおかしいと思わなくなったのは、みんな慣れてしまったからでしょう」(乃木坂ライター)

 白石は、3月発売のシングル『しあわせの保護色』で乃木坂での実働を終えたことになっている。しかし5月25日、卒業生初参加の楽曲『世界中の隣人よ』に参加。この曲は新型コロナ感染拡大防止を呼び掛けるメッセージソング。YouTubeで公開されたのだが反響が大きかったため、配信シングル化している。

「西野七瀬や生駒里奈などのOGと現役の混成ですが、立場が不明なのは白石だけ。OG参加なのか、現役なのかはハッキリしない。ただし、もともとは白石をフィーチャーする企画だとされます」(同・ライター)

 しかも、この企画には第2弾もあるという。

「初めから第2弾を用意していたようです。今回の新曲に出ているOGメンバーは、ほとんどが乃木坂を運営するN社の所属。なので、今後はN社所属ならば、OGも現役も関係なしに一緒にやるという意味のようです」(芸能ライター)

 混成の実現により、白石を乃木坂の“名誉OG”職に任命することも検討中だという。

「白石は25歳のときにウッカリ卒業発言をしたため、辞めざるを得なくなった。本人も認めていますが、本音は辞めたくない。だったら第1期生だし、名誉OG第1号でいいアンバイだと思うのですが」(同・ライター)

 当然、彼女はN社にいる限り無期限の在籍になる。

「N社も白石を何らかの形で乃木坂に残したい。乃木坂は白石の後継者が不在。やはり看板は白石ですが、コロナ禍でグループコンサートもできない。彼女を抱えた方がいいんです」(前出の乃木坂ライター)

 もし“名誉OG”に就任するならば、ファンはどう思うのだろうか。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事