菜乃花 2018年10月04日号

死ぬまで現役 下半身のツボ 恥ずかしくても“愛を伝える”

掲載日時 2018年04月25日 18時00分 [健康] / 掲載号 2018年5月3日号

 「女性に愛を伝えることが、いつまでも元気でいる秘訣でもあるんです」
 こう語るのは、性カウンセラーの青山愛さんだ。

 女性に愛を伝えるのは何も難しいことではない。好きな女性に「君のことが好きだ」「愛しくて仕方ない」といった言葉を伝えればいいだけのこと。
 「とはいえ、いい年をして恥ずかしい、という方も多いかと思います。ただ、そういうシャイな男性に限って、EDに悩む人が多いんです。なぜなら、フラれたらどうしよう、みっともない、といった羞恥心が、いざセックスという場面で邪魔になるからです」

 「自信のなさ」がEDの要因になることは、本コーナーで何度も紹介している。
 「自信がなくて失敗を恐れるあまり、セックスに集中できないんです。性欲はあるのに、実際、女性を目の前にすると、色々な恥じらいの感情が湧き起こり、“体がついていかない”状況になるんです」

 これは童貞の男性にもよく起こる現象だという。
 「ヤリたくて仕方ないのに、緊張や不安が強すぎると、男性の男性機能が正常に働いてくれないんです」

 もっと言えば、興奮しすぎても勃起はしにくい。
 「男性の勃起は副交感神経が優位な時、要はリラックスしている時に起こるのです。好きな女性と抱き合えて幸せで仕方ない。肌と肌を合わせられて落ち着く。こうした感情の時に、激しく勃起するんです」
 感情が高ぶりすぎるのは、勃起の妨げになるのだ。

 話を戻そう。女性に愛を伝えるという行為は、良くも悪くも、「プライドを捨てること」だ。
 「遠回しに告白するのではなく、真っすぐに伝える。これができるのは、いい意味で男のプライドを捨てられる男性なんです。プライドを捨てる勇気や思いきりもあり、“なんとでもなれ”という開き直りの強さも持っています」

 そうした強いメンタルを持っていれば、セックスという場面で極度に緊張したり、不安になったりもしない。
 「むしろ、自分に自信を持っているんです。好きな女性に“愛を伝える”という正式な手順を踏んで、見事、口説き落とした。これは男性にとって、最高の自信になるんですね」

 たとえフラれたとしても、自信を失うことはない。
 「やることはやった、という気持ちがあれば、諦めもつくし、次の女性に恋する“切り替え”も出来ます」

 こうした切り替えの早さはセックスにおいて重要。
 「セックスで自信をなくす男性は、女性の顔色を窺いすぎて、ベッドでも色々と考えがちなんです。でも、切り替えが早い男性は、あまり女性の反応がよくない時、“そんな日もあるから、今日は抱きしめ合う時間を多くしよう”というように、自分の中でポジティブに切り替えられるんです」

 年齢とともにプライドも高くなり、素直な気持ちを言い出せない人も多い。だが、そうした男の頑固さはセックス能力を低下させてしまうのだ。
 「シニア世代の“大人の男性”が純粋に『好きだ』と伝えてきたら、女性だって素敵と思うはずです。自信を持ってほしいですね」

 いつまでも青春時代でいようではないか。

関連タグ:下半身のツボ

健康新着記事

» もっと見る

死ぬまで現役 下半身のツボ 恥ずかしくても“愛を伝える”

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP