森咲智美 2018年11月22日号

隠密スクープ! NHK大河「真田丸」共演者バトル収録裏公開(1)

掲載日時 2015年11月18日 18時00分 [芸能] / 掲載号 2015年11月26日号

 最近、NHK局内でちょっとした流行語になっているのがブレイク中のお笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』の決まり文句である「やっべー! やっべー! やっべ〜ぞ!」だ。
 局幹部らが顔を会わせれば「やっべ〜ぞ!」が挨拶代わりになるという。実はいま、来年1月にスタートする大河ドラマ『真田丸』の脚本を執筆する三谷幸喜氏(54)にとんだ“看板倒れ”との噂が飛び交っているのだ。
 理由は至極明快。三谷氏が監督&脚本を担当した映画『ギャラクシー街道』(10月24日公開)が、今後は大コケ必至。とにかく散々な評判なのだ。

 もっとも、一部の三谷ファンや映画関係者から「おいおい、何を言っちゃってくれるの? 11月2日に発表された10月31日〜11月1日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)は首位だよ。9日間の興行収入は7億円超え」とお叱りの声が聞こえてきそうだが、実際は“厳しい”の一言に尽きるという。
 「三谷監督の前作である『清須会議』('13年公開)に比べると、観客動員比は51.5%、最終興収もこのペースで行くと15億円以下という厳しい結果が出ている。いいのは初速だけですよ」(配給会社関係者)

 さらに、肝心な中身がバッシング祭りなのだ。三谷監督初のSF作品ということで注目を集めたものの、ネットやSNS上では公開初日から批判コメントのラッシュアワー。
 〈笑えない、つまらない、くだらないの三拍子〉
 〈金返せ〉
 〈時間の無駄〉
 〈見なきゃよかった〉
 〈レベルの低いコント番組だ〉
 といった酷評ばかりが並んでいるのだ。
 「今後、これらの評判は拡大し、客は減っていくはず。しかも、現在、お客が入っているのは東京、大阪、博多などの大都市だけで地方の映画館では閑古鳥が鳴いている。『ギャラクシー街道』は、確実に三谷の黒歴史になる」(興行事情通)

 この結果に慌てているのが冒頭のNHK関係者というわけだ。いまさらながら「三谷が脚本を執筆する『真田丸』は本当に大丈夫なんだろうな?」と言う疑心暗鬼の声が上がっているのだ。
 「映画の失敗がそのままNHK大河ドラマ『真田丸』の失速につながりやしないかとスタッフは皆ハラハラ、ドキドキ状態なのです」(ドラマ制作スタッフ)

関連タグ:真田丸

芸能新着記事

» もっと見る

隠密スクープ! NHK大河「真田丸」共演者バトル収録裏公開(1)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP