菜乃花 2018年10月04日号

専門医に聞け! Q&A 目の健康には玄米菜食がおすすめ

掲載日時 2018年08月27日 15時00分 [健康] / 掲載号 2018年8月23・30日合併号

Q:亡くなった父は、60歳をすぎてから網膜中心静脈閉塞症という目の病気にかかって難儀をしていました。私も50代半ばになって、目のことが気になってきました。最近、友人が「目の病気の予防には玄米がいいらしい」と教えてくれました。本当でしょうか。
(54歳。家電量販店店長)

A:友人の方が言う通りです。目の健康は、きれいな血液が順調に流れることによって保たれます。そのためには、食事と運動が重要です。

 血液を浄化し、血流を促進するための食事の基本は玄米菜食です。植物性食品中心の食事です。ほとんど知られていませんが、目は人体の中でももっとも栄養素を消費し、必要とする器官です。とりわけ、ビタミンC、酵素、亜鉛などを大量に消費します。

 それら目に必要な栄養素を十分に摂取するために格好な食事が、玄米菜食というわけです。そして、その中でもっとも大事なのが主食です。

●玄米に雑穀を加えてもよい
 主食は玄米や発芽玄米など未精白のものにします。
 穀類は、精白して取り除かれる胚芽やぬかの部分に栄養素が豊富です。
 白米と比べると、玄米にはビタミンB1やビタミンEが4倍以上、ビタミンB2は2倍、脂質、鉄、リンは2倍以上、食物繊維は4倍以上も含まれます。

 つまり、極端なことをいうと、白米は栄養素を捨てた残りを食べるということです。

 玄米にアワやヒエなどの雑穀を混ぜる方法もあります。

 さらに私は、発芽玄米ジュースを勧めています。これは、発芽玄米をジューサーにかけて作ります。発芽玄米はビタミン・ミネラル、抗酸化物質や食物繊維も豊富です。

 また、GABAが白米の5倍も含まれています。この成分は脳の血液量を増やし、目の血液循環を促進する効果があります。

 まずは、奥さんに頼んで主食を玄米にしてもらいましょう。できれば副食は野菜、海藻、豆類、小魚などを中心にしてもらってください。肉やハムなどは控えます。

 こういう食事を続けることで、網膜中心静脈閉塞症などの目の病気の予防に効果が得られます。

**************************************
山口康三氏(回生眼科院長)
自治医科大学卒業。眼科医、漢方内科医。食事、運動、睡眠などを改善する生活改善療法を指導し、眼科の病気や生活習慣病の治療に成果を挙げている。日本綜合医学会副会長。

関連タグ:専門医に聞け!

健康新着記事

» もっと見る

専門医に聞け! Q&A 目の健康には玄米菜食がおすすめ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP