ボートレース 大村『GⅠ開設68周年記念 海の王者決定戦』展望

エンタメ・2020/06/05 15:00 / 掲載号 2020年6月18日号
ボートレース 大村『GⅠ開設68周年記念 海の王者決定戦』展望

画像はイメージです

閉じる

 ボートレース発祥の地・大村にて、6月4日より『GⅠ開設68周年記念 海の王者決定戦』が開催される。

 多くがSGオールスター(5月26日〜31日)のメンバーで、その結果も考慮したいが、現状(5月27日時点)でのシリーズの見どころを紹介していきたい。

 開催地・大村の地元は長崎支部。地元の顔の1人である原田幸哉がF休みとなれば、最も期待を集めるのが、桑原悠となるだろう。昨年、芦屋で行われたGⅠ九州地区選手権でGⅠ初制覇。その後、SGクラシックでもSG初出場、初優出を遂げた。そして今年、唐津で2月に行われた九州地区選手権で、大会2連覇を達成。今や長崎支部を代表するレーサーにまで上り詰めた。

「地元周年記念初制覇」へモーター抽選の結果も気になるところだ。他にも石橋道友、下條雄太郎など、強力布陣で遠征勢を迎え撃つ。

 対する外来組の有力どころは今垣光太郎、松井繁、田中信一郎、辻栄蔵、吉川元浩、白井英治、寺田祥、坪井康晴、井口佳典、柳沢一、峰竜太、桐生順平、篠崎仁志、木下翔太といった強者たちが集結。特に、現在のボート界をリードする峰、白井の両者は抜群の勝負強さで、双璧の存在。地元にとって脅威となるだろう。

 全国に先駆けて本場入場が再開されたボートレース大村だが、多数の来場が見込まれる記念は無観客開催が決まった。6日間の発祥地記念を電話、インターネット投票で楽しもう!

『ボートレースとこなめ』が、営業を再開する。ウィンボとこなめが6月8日(月)10時から、とこなめ本場は同11日(木)10時20分から開場。入場する際はマスクの着用と手指消毒、検温を実施し新型ウイルス感染症対策を徹底する。

 また、本場再開する日、『GⅢオールレディース競走レディース笹川杯』が開幕。ダブルドリーム戦は、以下の豪華メンバーだ。

【初日】1stドリーム戦
(1)大瀧明日香(2)山川美由紀(3)岩崎芳美(4)川野芽唯(5)鎌倉涼(6)水野望美

【2日目】2ndドリーム戦(1)遠藤エミ(2)日高逸子(3)寺田千恵(4)細川裕子(5)廣中智紗衣(6)土屋千明

関連記事
関連タグ
エンタメ新着記事