美馬怜子 2018年6月7日号

劇中での吹っ切れた“肉弾接待”が期待されるカトパン

掲載日時 2018年05月17日 19時20分 [芸能]

劇中での吹っ切れた“肉弾接待”が期待されるカトパン

 嵐の二宮和也(34)主演の連続ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)で、本格女優デビューを果たした、カトパンこと元フジテレビでフリーのの加藤綾子アナウンサー(33)だが、制作サイドの過剰演出で役柄に関係団体からの“物言い”が付いてしまった。

 同ドラマは二宮演じる天才外科医を中心に、新技術導入を巡る不正、病院と製薬会社、医療機器メーカーなどの癒着問題に立ち向かう医療エンタテインメント。

 加藤は治験コーディネーターを演じているが、医師に対する高価すぎる接待や、治験手術を引き受けた患者に対し、治験負担軽減費として300万円を小切手で渡すなどやたら羽振りのいい印象を視聴者に与えてしまった。

 そのため、日本臨床薬理学会が今月初め、「現実と乖離している」としてTBSへの抗議の意を表明。

 TBS側はドラマ公式ページに、「登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも含まれています」とあらかじめ“予防線”を張っていたが、“物言い”が付いてしまったのだ。

 「加藤の事務所は今後、女優業にシフトさせていく意向。そのため、高視聴率が期待できる同ドラマにねじ込んだようです。ドラマのプロデューサーももともとカトパンのファンだったようで目立つ役柄を用意したのですが、第1話から“大根演技”を披露。さらに“物言い”まで付いて踏んだり蹴ったりです」(TBS関係者)

 おまけに視聴率は12〜13%台を推移と、おそらく現状では期待外れの結果。そこで期待されるのがカトパンの“艶技”だというのだ。

 「さすがに、二宮が相手だとファンが騒いで炎上するので、竹内涼真、小泉孝太郎、内野聖陽ら医師役に対しての決死の“肉弾接待”が期待されますね。限界ギリギリでカトパンが覚悟を見せれば、視聴者もクギ付になるはず」(芸能記者)

 このところ、「脱げる女優」がほとんどいなくなってしまっただけに、カトパンには視聴率のためぜひひと肌脱いで欲しいものだ。

芸能新着記事

» もっと見る

劇中での吹っ切れた“肉弾接待”が期待されるカトパン

Close

▲ PAGE TOP