紗綾 2019年8月1日号

貞淑美女タレントの性白書 松嶋菜々子 欲求不満! 四十路人妻の女性上位セックス(1)

掲載日時 2014年08月01日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2014年8月7日号

 「彼女はともかく、亭主の方は今年も滋賀・琵琶湖畔にある別荘で夏を過ごすんでしょうねえ。400平方メートルの敷地に120平方メートルの真っ白な建物の別荘には、有名人がたくさん遊びに来ています。織田裕二夫妻や速水もこみち達は、釣りを楽しんだそうです」(芸能レポーター)

 反町隆史の妻・松嶋菜々子(40)は、7月19日に公開されたスタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』(米林宏昌監督)で、長編アニメ映画の声優に初挑戦している。
 「イギリス児童文学の古典的名作を原作とした同作品は、高月彩良と有村架純をダブルヒロインに据え、黒木瞳や森山良子らが脇を固めています。松嶋の役どころは主人公の養母役です」(映画記者)

 2人の娘の母親でもある松嶋は、配給元の東宝を通じて、『娘達と一緒に見られたら嬉しい』とのコメントを出した。
 「公開前に、都内で完成会見が開かれたんですけど、浴衣姿の松嶋には、人妻女優としての何とも言えない色気がありましたね。高月や有村も浴衣だったのですが、松嶋には、若い2人にはない“熟れた色気”がありました。蚊帳の中に引っ張り込んで、何とかしたいという妄想にかられてしまいました。それにしても、松嶋が公の場に出てきたのは久し振りだったと思います」(スポーツ紙カメラマン)

 4月に行われた次女の入学式には、反町と夫婦で参列。厳戒態勢の事務所スタッフと報道陣の“摩擦”をよそに、晴れ晴れとした表情を見せていた松嶋。
 「俳優として見通しの暗い反町。今、彼女の生きがいは2人の娘の成長だけと言っても過言ではありません。“犬”でも、イヤなことがありましたからね」(芸能プロ関係者)

 “犬”とは、反町家の飼い犬が咬傷事故を起こし、マンションの管理会社から提訴された一件だ。
 「'11年5月、反町家で飼っていたドーベルマンの“カイザー”が、同じマンションの住人を咬んで負傷させた。これが原因で、被害者一家は転居してしまった」(芸能記者)

 このマンションは、家賃175万円の超高級物件。管理会社にとっては、大きな損失となった。
 「そこで、管理会社は本来得られるはずだった被害者一家の残り契約27カ月分の家賃、約5200万円の賠償を求め、反町・松嶋夫婦を訴えたのです」(前出・同)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 松嶋菜々子 欲求不満! 四十路人妻の女性上位セックス(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP