森咲智美 2018年11月22日号

ボートレース GI地区選手権特集(中国・近畿編)

掲載日時 2017年02月07日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年2月16日号

 2月に入るとエリア別での頂点を決める「地区選」シーズンの到来。今週から各地の地区選の見どころをエリア別に紹介していく。まず今週は中国地区、近畿地区について紹介したい。

 まずは中国地区(8日〜徳山)。開催地から当然、山口支部が脚光を浴びる。今村豊、白井英治、寺田祥にかかる期待は相当だろう。谷村一哉、吉村正明も地元で虎視眈眈とVを狙う。ただ外来も手強い。茅原悠紀、西島義則、柏野幸二、辻栄蔵、平尾崇典、吉田拡郎、山口剛、前本泰和と超一線級がそろい激戦ムード。中でも近況では、グランプリファイナルメンバー、辻のムードがよく、ここ最近の徳山でもハイアベレージの勝率を残しているだけに有力候補。女子では寺田千恵、海野ゆかり、田口節子、佐々木裕美など豪華な顔ぶれ。なお、初日から長州(山口)2日目安芸(広島)、3日目備前(岡山)ドリームが予定され、3支部ごとのドリーム戦が行われる。

 続いて近畿地区(10日〜三国)。軸は地元の今垣光太郎。昨年暮れに久々にSGを制覇(GPシリーズ)し復調ムード。地元での強さは言うまでもなく、中島孝平とともに強力なタッグを組む。また、萩原秀人、石田政吾、松田祐季にも地元のアドバンテージがあり侮れない。対して松井繁、田中信一郎、丸岡正典、湯川浩司、石野貴之の大阪支部が脅威。兵庫の魚谷智之、吉田俊彦といったところも優勝候補から外せない。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース GI地区選手権特集(中国・近畿編)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP