沢尻エリカ“念願”大河ドラマ出演! 盛り上げフルヌード決意か

芸能・2019/11/10 21:15 / 掲載号 2019年11月14日号
沢尻エリカ“念願”大河ドラマ出演! 盛り上げフルヌード決意か

沢尻エリカ

閉じる

 女優の沢尻エリカが、再びフルヌードになるという情報が急浮上している。彼女は来年のNHK大河ドラマに出演。番組盛り上げのために“大胆露出”も辞さない構えだという。
「“別に…”発言や事務所トラブルなどで、しばらく異端児扱いされていましたが、完全に人気女優に返り咲いた。そんな彼女の長年の夢が、大河ドラマへの出演だったそうです。決定した今、番組宣伝とともに、自分の存在をアピールするために“脱ぐ”ことを決意したといいます」(芸能ライター)

 沢尻は、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の帰蝶(濃姫)役で登場予定。ドラマは戦国武将の明智光秀(長谷川博己)の生涯を描いたもの。光秀は織田信長(染谷将太)を本能寺で討ったとされるが、帰蝶は信長の正室だ。
「謎の多い武将、光秀にスポットを当てたということで、かなり男くさいドラマになるでしょう。主役級はほとんど武将ですから、沢尻の美貌は目立つはず。脱げばドラマは盛り上がるし、“NHK女優”としての評価も高まる。彼女なりの読みもあるようです」(同・ライター)

 沢尻といえば2012年、映画『ヘルタースケルター』で全裸姿でのカラミシーンを披露した過去がある。
「映画で見せたオッパイは、プリッとしたお椀型。バストトップはキレイなピンク色で、まさに超美乳という印象でした」(映画ライター)

 身長161センチ、バストサイズ83のCカップクラス。フランス系とのハーフだが、巨乳でないところが“逆にいい”と評判だ。
「13年にクリエーターの男性と離婚。その後、デザイナーの男性と交際していましたが、今年9月発売の女性誌で、男性とは8年間の交際の末に破局したとの報道。気持ちの整理をするため、脱ぐ意志を固めたともいわれています」(グラビア雑誌編集者)

 小学校6年生でデビュー。芸能生活20年にして念願の大河出演をゲット。その裸体を、果たしてどのタイミングで披露するのだろうか?
「デザイナーの男性と別れたのも大河ドラマへの思い入れだといいます。現在、放送している『いだてん』が史上最低の視聴率をたたき出しているだけに、ドラマ盛り上げのためなら“フルオープン”も辞さずということらしいのです。年末、女性向け雑誌のグラビアでの披露が濃厚かもしれません」(芸能記者)

 女優魂に拍手だ!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事