菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 福原愛(27) 「し頃、させ頃」の女盛り!

掲載日時 2016年05月02日 20時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年5月5日号

 卓球日本代表選手の福原愛が、同じ年の台湾人卓球選手との熱愛交際を公表。リオ五輪後には結婚の可能性も浮上している。
 昭和テイストな顔貌で、五岳(額・両頬骨・鼻・アゴ先)がどれも出ておらず、スポーツアスリートとしては極めて稀な、闘争性の低い穏健相だ。頬からエラにかけて広く丸く肉が付き、家族愛が濃い。もはや「奥さん」の顔で、卓球を離れてからのほうが顔相的には「本来の人生」で、良好な家庭を築くだろう。

 幼い頃は太くて濃い眉だったが、徐々に優しく細い女性的な眉に変化し、好色性・エロ度がアップしている。豊かな頬、富士額、大きな黒目、小さめの口など、もともと女子力の強い顔相がさらに女らしくなり、まさに「し頃、させ頃」の女盛りに入った感がある。
 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の膨らみ)が豊かで、田宅(上瞼)の肉付きも厚い。普段の眼光は優しく、艶ものっていて、大人の女性の性感を備えている。厚みのある耳と大きな垂珠(耳たぶ)も性感良好の相だ。

 彼女は二重アゴで、結婚を経て熟女の年代になると、豊満な体型に変化するとともに淫蕩さが増す。【淫乱度】は高く、「4」。
 素のときの口は小さめで唇も薄め。歯列がやや内向きで内実は控えめな気質。
 一方、アゴの骨格と歯列のU字そのものはがっしりと大きい。金甲(小鼻)の張り・肉付きともによく、いたってタフで回数をこなせるセックスだ。【絶倫度】も「4」と高い。
 膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが良形。狭い眉間の相も同様で、先天的名器度は高い。反面、後天的名器度が現れる口元の肉付き・締まりがともに平凡で、トータルで観て【名器度】は「3」。

 これといった尻軽相はないものの、大きい黒目や肉厚の丸い鼻はモテ相。左目尻から額にかけて肌の荒れが目立ち、色艶の悪いホクロもあって、浮気・不倫といった波乱の兆しもなくはない。【尻軽度】としては「2」。
 丸みを帯びてきた眉、おとなしい口元、張りのよい金甲など、あげまん相が揃っている。豊かな臥蚕が足を引っ張ったものの、【あげまん度】は「4」寄りの「3」と、現代女性としてはかなり高い。

 女ヘンに鼻と書いて「嬶(かかあ)」となる。肉付きのよい大きめの鼻は彼女の妻としての今後を暗示している。富士額で忍耐強く、良妻度というのがあれば、やはり高評点になる。
 気掛かりなのが、印堂(眉間)にくすみや複数の白苞がしばしば出ていること。ココは運気の入り口で、特に(結婚後は運に左右されがちな)女性には重要な部位。今後は眉間から額にかけての肌のケアに格別の気遣いが必要だ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学 卓球

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 福原愛(27) 「し頃、させ頃」の女盛り!

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP