森咲智美 2018年11月22日号

南果歩の“告白”で逃げられなくなった渡辺謙『西郷どん』収録後の地獄

掲載日時 2017年10月27日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年11月2日号

南果歩の“告白”で逃げられなくなった渡辺謙『西郷どん』収録後の地獄

 来年放送のNHK大河ドラマ『西郷どん』の収録真っ最中の渡辺謙(58)が、妻の南果歩(53)の“夫不信”の告白によって、大河ドラマ終了後に地獄が待ち受けることになりそうだ。

 今年3月、『週刊文春』で21歳年下のジュエリーデザイナー・A子さんと4年以上にわたる不倫が報じられた渡辺だが、一方では、東京都世田谷区に豪邸を建て、昨年3月に乳がんを患い手術を受けた南を支える、献身的な夫を演じていた。
 「南は裏切られた怒りを誰かにぶつけたかったが、7月から主演ドラマ『定年女子』(NHK BSプレミアム)が始まったために沈黙していたんです。それをいいことにマスコミの前から逃げ回っていた渡辺は、『西郷どん』の収録が迫ったこともあり謝罪会見を行った。彼としてはそれで禊(みそぎ)を済ませ、何とか離婚は乗り切ったと思っていたようです」(芸能関係者)

 しかし、渡辺は南と話し合いの場をいまだに持たず、今度は収録を口実に現実逃避を続けているという。
 「渡辺は2002年に演劇集団『円』から大手プロに移籍していますが、これは移籍前、女性週刊誌に高島礼子との“W不倫”を報じられたことから、大手にガードしてもらうためのものだった。また移籍後、皮肉にも当時妻だったB子さんの借金トラブルが発覚。渡辺はその原因をB子さんに押し付けたうえ、長男の渡辺大、長女の杏まで預けて別居し、離婚裁判に持ち込んだ。大事な場面になると逃げる、渡辺はそんなことを繰り返してきたんです」(夕刊紙記者)

 しかし、今度ばかりはそうもいかない事態となっている。10月1日に開催された乳がんの早期発見を啓発する『15周年ピンクリボンシンポジウム』に出席した南が、「今年の春から精神的に疾患が出て、(がんとは)別の闘病があった」と告白したのだ。
 「その発言からも、南は渡辺に裏切られ、人間不信に陥ったことが読み取れる。もう元の鞘に納まることはないでしょう。渡辺は6億円と言われる豪邸などすべての財産を南に渡して、離婚するしかないのではないか」(前出・芸能関係者)

 すべてはスキャンダルご法度の“大河縛り”後だ。

芸能新着記事

» もっと見る

南果歩の“告白”で逃げられなくなった渡辺謙『西郷どん』収録後の地獄

Close

WJガール

▲ PAGE TOP