紗綾 2019年8月1日号

鈴木京香 破局報道の裏で“五十路交際”継続中

掲載日時 2018年12月26日 21時00分 [芸能] / 掲載号 2019年1月3日号

鈴木京香 破局報道の裏で“五十路交際”継続中
鈴木京香

 “8年愛”を続けてきた鈴木京香(50)と長谷川博己(41)に「破局報道」があった。しかし本誌取材班は、交際は依然、継続中との有力情報をキャッチした。
「12月13日発売の『女性セブン』が2人の破局を報じたのです。同誌では長谷川が最近、京香宅とは別のマンションに戻っている話や、京香の友人が“私、もう彼を育てきったでしょ?”とこぼしていた話などを報じました。結婚秒読みとされた大型カップルの破局報道に波紋が広がりましたが、実は2人、交際は続けているのです。だから、破局は疑わしいですよ」(芸能関係者)

 2人は'10年、NHKドラマ『セカンドバージン』で共演し交際スタート。ここ何年も「結婚報道」や「破局報道」が繰り返され、真相はベールに包まれていた。
「俳優界屈指とされる長谷川の“男の色香”と、五十路とは思えぬ京香の“セクシー度”は、一生離れられないことを2人が一番よく分かっているだけに、関係を断ち切るのは無理でしょう。今でも連絡を取り合っているし、破局したとは聞いていません」(2人を知る関係者)

 では、今回の「破局報道」は何なのか。何らかの“政治的意図”も垣間見える。
「一つは、元日付スポーツ紙に2人の結婚ネタが近年よく出るので、その火消しに追われるのを避けたい近い関係者が、あえて“破局情報”を流したという可能性があります」(芸能記者)

 また、長谷川は現在、NHKの連続テレビ小説『まんぷく』で、ヒロイン安藤サクラの夫という重要役で出演中。それどころか、'20年の大河ドラマ『麒麟がくる』では主演の明智光秀役に決まっている。
「長谷川の方は“朝ドラ&大河縛り”で、当面、私生活で大きな動きができないのです。つまり、関係が継続しているとしても、しばらくは“事実婚”状態を選択せざるを得ない。そこで、このタイミングで“破局説”を自分たちから流し、煩わしい結婚報道合戦をしばらく打ち消そうという思惑も考えられます」(同)

 実は京香、子供を産む気満々と言われる。50歳なだけに、その相手は京香のすべてを知り尽くした長谷川しかいないだろう。
「京香は4月期の連ドラ『未解決の女』(テレビ朝日系)で重要役を務めるなど、第一線で活躍中。ただ、しばらく大きな仕事が入っておらず、“極秘妊娠”を目指すのではないかと、ちょうど囁かれていたところなんです。キャンギャル出身で、今もEカップ爆乳を20代並みの張りでキープしている京香だけに、子作りも大丈夫でしょう」(前出・芸能関係者)

 今回の怪しい“破局報道”とともに、2人の今後の動きに注目だ。

関連タグ:巨乳美女


芸能新着記事

» もっと見る

鈴木京香 破局報道の裏で“五十路交際”継続中

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP