鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

日テレ系複数局で放送事故 20分も放送中断の原因は?

掲載日時 2018年09月26日 07時42分 [エンタメ] / 提供元 リアルライブ

日テレ系複数局で放送事故 20分も放送中断の原因は?

 9月23日に日本テレビ系の複数の局で放送事故が発生した。広島テレビでは午前11時40分から約20分放送が中断したほか、ミヤギテレビ、日本海テレビ、くまもと県民テレビなどでも同様の中断が起こった。この時間帯は『上沼・高田のクギズケ!』が放送中だった。読売テレビから配信された番組を、同時間帯に放送していた複数の局で事故が起こった形だ。

 放送事故はめったに起こらない珍しいものとされる。生放送のバラエティ番組などで、タレントの問題発言を「ほとんど放送事故並み」と例えられることはあるが、これは厳密な意味では事故とはならない。ならば、どういった基準が事故となるのだろうか。

 「もっともわかりやすいのはラジオですね。一定期間の無音状態が続くと、放送事故とみなされます。おおよその定義としては10秒前後の無音状態が続くと放送事故になってしまうようです。ゆっくりとしゃべる人や、間がある人は要注意といえますね。もちろんバックに音楽が流れている場合は放送事故にはなりません。20秒ほど沈黙が起きた場合は、自動的にクラシックの音楽に切り換えられることもあります」(業界関係者)

 一方で、テレビの場合は、放送事故の定義も複雑になる。

 「テレビの放送事故には複数の要因がありますね。まずは、送信側の機械故障による事故、今回の放送事故はこのケースに該当するでしょう。また、生放送中にスタッフがスイッチの操作をまちがえて、突如CMに行ってしまうといった人為的な事故もあります。そして、自然災害などによる送信設備の故障による事故があり、2011年の東日本大震災のときには、東京タワーの先端が曲がり、一部の地域で映像が受信しにくくなる事故が発生しました。さらに、日本では起こる可能性が低いといえますが、テロリストによる放送局の占拠も放送事故の一種といえます」(前出・同)

 今回の事故は数ある放送事故の中でも、比較的軽度のものといえるだろう。原因究明が待たれるところだ。

関連記事
【放送事故伝説】プロデューサー激怒!ある理由で納品拒否になったドラマとは
【放送事故伝説】放送1回目から警察が出動? 伝説的な「ハプニング番組」
【放送事故伝説】『モーニングショー』で自殺者発見、『ズームイン朝!』でも…
【放送事故伝説】収録中に失言!スポンサーを怒らせて降板した笑点メンバー
【放送事故伝説】幽霊の仕業……?掛け軸に描かれた生首の目が開いた!

エンタメ新着記事

» もっと見る

日テレ系複数局で放送事故 20分も放送中断の原因は?

Close

▲ PAGE TOP