本誌地獄耳入手 女子アナ13名「ヌード写真集」(2)

芸能・2020/07/07 20:00 / 掲載号 2020年7月16日号
本誌地獄耳入手 女子アナ13名「ヌード写真集」(2)

ホラン千秋

閉じる

 期待高まるホランの剛毛ヌード

 5人目は、昨年末でテレビ朝日を退社し、現在は静岡に在住している竹内由恵(34)だ。昨年3月、勤務医と結婚。「仕事との両立が難しい」と退社コメントも発表し、静岡のローカル局を中心に活動すると思われた。だが、化学メーカーの全国区CMに5月より出演中。結局は、東京中心の活動となりそうだ。

「在職中に東京の芸能プロに就活していたというしたたかさ。夫が静岡勤務でも地方に引っ込むつもりはないようです。月〜金は東京で、土日だけ静岡にいるのだとか。東京には実家もあり、芸能活動にも便利」(テレビ朝日関係者)

 そんな彼女の今を知っている出版社からは、写真集オファーが引きも切らない。

「局時代、スクール水着のようなスポーツ水着で取材をしたことがある。そのためか、出版各社が狙っているのが、“人妻スク水”写真集です。『ミス慶応』に出た自信家だし、このまま黙って静岡にいるとも思えません。出版社も“離婚ヌード”も想定して、交渉しているそうです」(前出・出版プロデューサー)

 6人目は、テレビ朝日で竹内の1年先輩だった小川彩佳(35)だ。小川は現在、TBSのニュース『NEWS23』のMCとして出演中。昨年3月までテレビ朝日に勤務。しかし、6月にいきなりライバルTBSの番組に登場したものだから大騒ぎ。

「正直、話題先行で終わりそう。安倍政権の批判と、やたら性問題に固執する姿は少々、暗すぎます。前任者の時代は視聴率5%前後だったのが、小川になって4%前後に降下。限界説も出ています」(芸能記者)

 テレ朝時代は巨乳で人気。身長168センチ、バスト86センチのEカップ。昨年2月に医師であり会社経営者のT氏と結婚。現在、妊娠中で、今年の夏にも出産予定だ。

「産休後に一時画面復帰させ、来年3月で降板というのがTBSの考えではないでしょうか。夫は東大医学部出身で医学会でも有名人だし、経営者としても評判。小川も、夫の職業を考えると、引退秒読みと考えていい。一部出版社に、産後の下着セクシー写真集をOKしたとも伝わっており、どうやら“引退決意ヌード”を考えているようです」(写真集プロデューサー)

 TBSの夕方ニュース『Nスタ』のMCを務めるホラン千秋(31)は、いつ脱ぐのかと常に興味の的だ。アイルランド人とのハーフで、大学時代は局アナ志望だったが全敗。レジ打ちのアルバイトや水着モデルなどもやってニュースキャスターに就いた苦労人である。

「ショートカットの黒髪に太い黒眉。和洋折衷の美人ですが、極太眉毛同様に、下半身も剛毛だといいます」(前出・TBS関係者)

 彼女が番組MCに就く前は視聴率5%前後と低迷し、フジテレビのニュースと4位争いをしていた。しかし、’17年にアシスタント(その後MC)になるや、視聴率はうなぎ上り。しかも身長160センチ、バスト86センチのEカップ。ニットのピチ服などを着ている時の、張りのある巨乳は見応えあり。

「過去に、競泳水着のセクシー画像が存在します。それをもう1度やりたいというのが各出版社の意向。また、彼女はミニスカ好きでも有名。黒髪を活かし、白のJK制服で“純白下着見せ”という異色企画も出ています」(JKライター)

 8人目はテレビ東京の相内優香アナ(34)。彼女は過去に、卓球選手と局の同僚との二股疑惑を写真誌に報じられ話題となった。なにしろ、2人のマンションに週替わり同棲する前代未聞の内容だった。

「一時、番組を外されましたが、局のエース級に復活。情報番組『ワールドビジネスサテライト』を担当しています。以前は“エロエロたぬき”と呼ばれていました」(テレビ東京関係者)

 もちろん、“たぬき”と呼ばれるほど体は豊満。身長160センチ、バスト86センチのEカップ乳。肉付きのいい時など90センチ近くもあり、Gカップ爆乳とされた。

「男性問題が発覚したのは’11年ですが、それがなければ局公認でワンピース水着をやる予定だったといいます。ところが、週替わり同棲疑惑が発覚して頓挫。最近、彼女もおとなしくなって仕事も安定してきた。彼女もひと花咲かせるためにグラビアをやりたがっているようなので、水着話が再燃しています」(同)

 9人目は、同じテレビ東京の大江麻理子アナ(41)。本誌既報通り、いま彼女にはフリー転身説が持ち上がっている。彼女の夫は証券会社の創業社長。資産100億以上とされ、いつフリーになってもおかしくない。

「局の一部幹部が彼女のリッチぶりを妬んで追い出したがっているといいます。ですから、彼女もフリーに転身する可能性はある。実は彼女、脱ぎたがり願望があり、フリー転身の最初の仕事が下着写真集出版だとされます。彼女の転身説に、すでに食いついている出版社は複数あるとか」(夕刊紙記者)

 10人目は“ロリアナ”として根強い人気の皆藤愛子(36)。一時、女子アナ界の最強美少女といわれた彼女も40歳へのカウントダウンに入った。最近はテレビで「結婚したい」を連発している。

「彼女は、相手が見つからないと言っているのですが、理想が高すぎ。かつては表向き“本処女”を売り物にしていましたが、フツーにエッチ経験があることも判明。彼女、過去に大きな肩出しで美ワキ出しを何度もやっています。今年は新型コロナで仕事が激減したため、自身のアピールのために“手ブラ”を極秘撮影済みという噂もあり、グラビア、写真集と連続で出すかも。ギャラ5000万円以上というので“手マン”もあるかもしれません」(同)

 11人目は高橋真麻(38)。彼女も年内に“人妻写真集”を出すことが囁かれている。魅惑の巨乳は90センチ超。一昨年、一般男性と結婚し、今年5月に第1子を出産した。

「おもしろキャラで、美人アナとはひと味違った人気。とくに巨乳を堂々と見せつけることが、ファンに評価されています。過去に水着グラビアの経験があり、出産後の活動のアドバルーンとしてグラビアをやりたいそうです。写真誌系の出版社から“乳首出し”で復帰を賭けたいのでは。意外性で話題独占かも」(前出・グラビア雑誌編集者)
(明日に続く)

関連記事
芸能新着記事