RaMu 2018年12月27日号

30歳男、18歳女性店員に「殺すぞ」土下座強要で逮捕 身勝手な言い分に怒りの声殺到

掲載日時 2018年11月16日 12時15分 [社会] / 提供元 リアルライブ

30歳男、18歳女性店員に「殺すぞ」土下座強要で逮捕 身勝手な言い分に怒りの声殺到

 福岡県北九州市のコンビニで、30歳の男が18歳の女性店員に対し土下座を強要し逮捕されたことが判明。その行動に怒りの声が噴出している。

 事件があったのは北九州市八幡西区のコンビニエンスストア。今年9月、会計に対応した女性店員(18)に対し、男が料金を置くトレイを投げつけたうえ、「殺すぞ、謝れ」などと脅し、土下座を強要した。その間の女性の恐怖は、大変なものがあったことだろう。

 女性店員は先月になり、警察に被害届を提出。防犯カメラなどをチェックした結果、男の関与が浮上し、強要と威力業務妨害の疑いで逮捕された。男は取り調べに対し容疑を認めており、「店員の態度が悪く腹が立った」などと供述している。なお、「殺すぞ」とは言ってないとのこと。もちろんそれでも罪を免れることはないのだが。

 今回のような常識の範疇を超えたクレームと土下座強要は社会問題化している。「お客様は神様だ」と言わんばかりに、「気に入らないこと」が発生すると執拗にクレームを入れる、大声や恫喝するなどして脅迫した挙げ句、土下座を強要するのだ。

 記憶に新しいところでは、2013年に札幌市内に住む女が、「しまむら」で購入した商品が気に入らないとして店員に因縁をつけ、交通費の返還を求めたうえ土下座を強要した事件がある。女は土下座の様子を写真で撮影したうえ、実名入りでツイートし、猛批判を浴びた。

 この他にも、ボーリング場やコンビニなどでクレームをつける様子をまるで楽しむかのように撮影し、SNSにアップロードする事案が発生したことがある。

 いずれも常識の範疇を著しく逸脱しており、強要罪で逮捕されている。これらも大々的に報道されているが、今回の事件のように「自分が気に入らない」という理由でクレームを付け、土下座などを強要する事案が発生している状況だ。

 土下座の強要や金銭の要求は、当然ながら犯罪となる。店側としては客といえども常識の範疇を超えたクレームをつける客については断固とした態度を取り、退去を促したのち警察に通報してほしい。

関連記事
クレーマー対策か 名古屋市消防局、「救急車でコンビニに立ち寄ることがある」と理解求め反響
運転室に便乗していた車掌が居眠りを指摘 乗客のクレームは“理不尽”なのか?
オワコン?楽しみ?「細かすぎて〜」復活に賛否両論の声
「なんでも大麻の話に…」 高樹沙耶、“日本は遅れている”発言でまた非難殺到
無職男、“来店ポイント”を不正に取得し逮捕 呆れる声集まるも被害金額に驚愕

社会新着記事

» もっと見る

30歳男、18歳女性店員に「殺すぞ」土下座強要で逮捕 身勝手な言い分に怒りの声殺到

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP