RaMu 2018年12月27日号

女芸人の本気の恋 ゆりやん、尼神の誠子がガチで告白したよしもと芸人

掲載日時 2018年03月08日 10時55分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

女芸人の本気の恋 ゆりやん、尼神の誠子がガチで告白したよしもと芸人

 きのう6日、ピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり2018』が行われ、決勝初進出の濱田祐太郎が3795人の頂点に輝いた。おととしはハリウッドザコシショウ、昨年はアキラ100%が制したことによって、“裸芸人連覇説”があったが、今年は裸芸が不在。決勝舞台には、ファイナル復活者や無名のダークホースが立った。そんななか、お笑いマニアが注目した2組がいた。ゆりやんレトリィバァと、霜降り明星・粗品だ。2人は、今月いっぱいで終了するフジテレビのバラエティ『AI-TV』で共演中。ゆりやんが粗品に、ガチで恋をしているのだ。

 ゆりやんといえば、今回の“R-1”で4年連続ファイナリストになった実力派。今年も優勝を逃したものの、Bブロックを制して、ファイナルステージに駒を進めている。昨年12月に開催された『女芸人No.1決定戦 THE W』では優勝。まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 ゆりやんより劣るものの、地元の関西を拠点にしている粗品も、コンビとして、『第38回ABCお笑いグランプリ』と『第7回ytv漫才新人賞』で優勝している腕前だ。

 ゆりやんは、そんな粗品を前にするとオンナになる。年明けのあらゆる番組で公開告白をしては、「後輩としてしか見られない」とフラれている。今後も、成就の可能性はきわめて低い。
 ノリに乗っている女性芸人では、尼神インターの“ブスなほう”誠子も、同じく、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する先輩芸人にホレている。お相手は、藤崎マーケット・トキだ。

 06年、「ラララライ体操」で大ブレイクしたコンビ芸人は、ブーム終焉後、キー局のテレビ番組から姿を消した。しかし、地元の関西ではローカル番組に数多く出演。在阪の『オールザッツ漫才2009』、『第10回MBS漫才アワード』、『第3回ytv漫才新人賞』で優勝して、15年には積年の夢であった『キングオブコント2015』で決勝戦に進出した。

 そんなトキに誠子は、番組を通じて何度も思いを打ちあけては、フラれている。記憶にあるだけで、9回におよぶ。芸人のあいだではもはや、告白が誠子の定番ネタとなっている。
 今旬の女芸人。乙女心はよしもと芸人に奪われているが、彼氏ゲットにはほど遠い、か。

関連記事
「サバサバ系女子は思いやりがないだけ」山里、女性への不満吐き散らす
“理想の上司”1位、内村光良!干されてから這い上がるまでの復活劇
『女芸人No.1決定戦』お粗末すぎる結果?有り得ないミスも連発
『W-1』に批判殺到!「超絶つまらない」「わざとらしい笑い声」
ネタ切れで「総集編」となる…?期待薄な、『めちゃイケ』最終回5時間SP

芸能新着記事

» もっと見る

女芸人の本気の恋 ゆりやん、尼神の誠子がガチで告白したよしもと芸人

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP