菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 ベッキー CM全滅か損害5億円の秘策に裸一貫ヘアヌード(1)

掲載日時 2016年02月03日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年2月11日号

貞淑美女タレントの性白書 ベッキー CM全滅か損害5億円の秘策に裸一貫ヘアヌード(1)

 「スキャンダル発覚の後、DAIGOと北川景子の入籍会見や、国民的人気グループ『SMAP』の分裂危機騒動などがあり、芸能マスコミから“火だるま”にされることは何とか回避できましたが、それでも、タレントとして大きなイメージダウンとなったのは紛れもない事実です」(芸能プロ関係者)

 『週刊文春』によって明らかになったベッキー(31)とロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫スキャンダル。
 「ベッキーは、お笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜が仕切る『春菜会』で親交のあった『perfume』を介して川谷と知り合ったようです。川谷は昨年7月に入籍したばかりでしたが、それを隠してベッキーとの交際を始めたのです。まさに“ゲスな男”です」(芸能記者)

 同誌は密会写真の他、LINEのやり取りを掲載。
 離婚届を“卒論”と称したうえで、
 川谷『時間かかってしまうけどちゃんと卒論書くから待っててほしいな』
 ベッキー『大丈夫だよ。卒論提出できたら、けんちゃん(本名から)にいっぱいワガママ聞いてもらおうっと!』
 などと、ベッキーの赤裸々な“女心”が暴露されてしまった。
 「かえすがえすもマズかったのが、離婚届を卒論と言ってしまったことです。これでは、夫婦関係がどういう状況にあったにせよ、川谷夫人に失礼です。夫人からベッキーに慰謝料を払えと訴えられるかもしれません。かつて、“アダ名付けの名人”有吉弘行から『元気の押し売り』と命名されたベッキーですが、まさに元気が空回りしてタレント生命の危機を迎えてしまいました」(ワイドショー芸能担当デスク)

 さて、ベッキー(本名・レベッカ・英里・レイボーン)は1984年3月6日、神奈川県川崎市生まれの31歳。
 「英国人の父と日本人の母、ダンサーの妹(ジェシカ・レイボーン)の4人家族。愛称は“ベキ子”です」(芸能レポーター)

 父親は英語学校を経営。“楽しみながら、いつの間にか英語が上達する”という独特のスタイルが好評だという。
 ベッキーのサービス精神は父親譲りのようだ。

 小さい頃からテレビが大好きだったベッキーは、3度のご飯そっちのけで、1日中テレビにかじりついていたという。
 「“有名人になりたい”という上昇志向が強く、テレビ番組を見ながら『私ならこう演じる』と批評する“ませた子供”だったそうです」(テレビ局関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 ベッキー CM全滅か損害5億円の秘策に裸一貫ヘアヌード(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP