鈴木杏樹に救いの手!?“魔女コスプレ”セクシーオファー殺到か

芸能・2020/02/17 21:46
鈴木杏樹に救いの手!?“魔女コスプレ”セクシーオファー殺到か

鈴木杏樹

閉じる

 女優の鈴木杏樹の今後に注目が集まっている。鈴木は舞台俳優・喜多村緑郎との不倫が発覚。喜多村の妻で元宝塚トップスターの貴城けいは「杏樹さんを許さない」と週刊誌上で爆弾発言。貴城が一体どんな手に出てくるのか、鈴木は針のむしろだ。

「仮に裁判に訴えてきた場合、杏樹の敗訴は確定的。300万円から500万円の慰謝料を払って、仕事を失うでしょうね。そうなると復帰には何年もかかるでしょう。だいたい喜多村が別れるという話すらない。杏樹1人だけ大ピンチ」(芸能ライター)

 2月6日、鈴木は釈明コメントを発表。その内容が物議を醸した。謝罪コメントの中で「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があった」などとし、交際を始めたという。

「この言い方はマズかった。喜多村に騙されたとしか聞こえないし、相手の家庭の内情までバラしている。結局、騙された自分がうかつだったと弁明にしか聞こえない、自己保身のニオイがします」(スポーツ紙記者)

 しかも鈴木の言葉を受け、貴城もすかさず反応。「離婚の話などない」と夫婦危機を否定したのだ。喜多村が鈴木にどのようなウソを言ったのか分からないが、喜多村は「今回の出来事はすべて私の責任です」と発言。貴城をはじめ、家族や関係者らに謝罪し「もう一度、一から自分を深く見つめ直します」とし、別居や離婚など具体的な方向性は明かさなかった。

 これで分かるように、鈴木はすっかり孤立無援。いつの間にか喜多村もソッポ状態だ。

「杏樹は無期限活動休止でしょう。喜多村は夫婦関係を修復すれば復帰は可能。杏樹の1人損です」(同・記者)
 では、今後の鈴木はどうなるのか。

「去年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』以来、大きな仕事は入っていない。その意味で、違約金の声は出ていません。不幸中の幸いでしょう」(同)

 しかし今、彼女を虎視眈々と狙うのが、出版界だという。

「鈴木がブレークしだしたころ、“魔女顔”と呼ばれ、独特なクセ顔がインパクトになった。今後は当面、仕事もないでしょうし“魔女ヌード”でしょう。着ヤセするタイプですが、意外に美巨乳という話もあります。そのあたりも期待」(写真集編集者)

 魔女コスプレをプラスすればバカ売れ必至だ!

関連記事
芸能新着記事