葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 吉田明世(27) セックスも人生も男任せ!?

掲載日時 2016年02月29日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年3月3日号

 今回は、写真週刊誌で大手広告マンとの熱愛・半同棲が報じられた、TBSアナウンサーの吉田明世。
 自身がアシスタントを務める情報バラエティー番組『サンデージャポン』でも、交際の事実を認めている。

 目鼻口が大きいわりに強さやハデさを感じさせないのは垂れた目のせいで、目力が優しく、顔相全体を穏やかに(ある意味、弱く)している。
 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の膨らみは並みながら、田宅(上瞼)に厚みがあって補っている。上下唇が厚く、特に他者愛・奉仕愛の上唇に厚みがあって情愛は濃い。
 上瞼のラインが目尻で下がり、下瞼のラインも中央部と目尻で下がっている。こういうダブルで垂れた眼相は、自分で命運を切り開くタイプではなく、セックスも人生も男性任せの他力本願だ。

 性感的には、低い絶頂でずっとイキ続ける相で、ややだらしない。眉に太さはあるものの毛質が薄く、目力が弱いところも女性的で、厚い上唇が能動的ではあるものの、全般に受け身のセックスだ。
 目頭に切れ込みがなく、大きく丸々とした準頭(鼻の頭)からも、ベッドでは気取らず、相手男性の繰り出す性戯や雄々しいピストンに素直に反応する女相。【淫乱度】としては「4」。

 彼女は口が大きく、エラもほどよく張っており、いたってタフ。鼻が大きく、肉付きもよく、金甲(小鼻)の張りは平凡なものの、鼻に幅がある。もみあげが広くて濃く、回数もこなせる。【絶倫度】は文句なしの「5」だ。
 あげまん相がほとんどなく、逆に、太くて短い直線的な眉、垂れた目、平凡な金甲相、勢いのありすぎる口相など、マイナス要素がズラリ。【あげまん度】は「0」に近い「1」。
 先天的名器度を示す風門(耳の穴の手前にある切れ込み)が、左耳が良形、右耳は並み。後天的名器度が現れる、口元の肉付きが(特に上唇側)がとてもよい。惜しむらくは口の締まりがイマイチなこと。トータルで観て【名器度】は「3」寄りの「2」。

 眉間が広く、人中(鼻の下の縦溝)がやや浅めで、異性の誘惑に乗りやすい。加えて、垂れ目で眼光がユルく、押しの一手にはなはだ弱い。
 一方、額が(特に上下に)とても広くて思慮深いところがあり、鼻相もしっかりしていてブレーキの利きは悪くない。【尻軽度】としては「3」と観る。

 彼女は目がとても大きく、さらに黒目も大きくて、万事に熱しやすく冷めやすい。横から観ると口元が上唇側で出っ張っていて、お調子者でそそっかしいところもある。熱愛が下火になってきたとき、相手男性は真の度量が試されることになるだろう。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 吉田明世(27) セックスも人生も男任せ!?

Close

WJガール

▲ PAGE TOP