RaMu 2018年12月27日号

メイウェザー参戦決定も“爆弾”を投下される危機を回避できないフジテレビ

掲載日時 2018年11月16日 17時30分 [スポーツ]

メイウェザー参戦決定も“爆弾”を投下される危機を回避できないフジテレビ
画像はイメージです

 ボクシングの元世界五階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(41)が16日(現地時間15日)、対戦を発表していたものの中止を宣言していた総合格闘技「RIZIN」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)での無敗のキックボクサー・那須川天心(20)との1戦を「実現させるつもりだ」と明かしたことを、米国のメディアが報じ話題になっている。

 一部メディアの報道によると、メイウェザーは現地時間14日夜に直撃取材を受け、那須川との対戦する意向を表明。ルールについては「短いボクシングのエキシビションになる。キックなし。オレは9分間、あの男の回りを動き続ける」と、3分3ラウンドのエキシビションマッチになることを明かし、報酬については「エキシビションでは史上最高の報酬になる」と明言したというのだ。RIZIN側もこの日、近々会見で対戦決定を発表する旨のコメントを発表したのだ。
「これまでRIZINを中継してきたのはフジテレビ。おおみそかの放送で契約が切れることになっていましたが、メイウェザー戦が実現するとなると、裏番組のNHK・紅白をおびやかすほどの視聴率が期待されます。当初は契約切れになりそうでしたが、視聴率を獲得できたとなると、フジ側から契約延長を提示することになるのでは」(テレビ局関係者)

 とはいえ、まだ試合まで1カ月以上あるだけに、予断を許さない状況だというのだ。

 「とにかく気分屋のメイウェザーだけに、いつまた『やっぱりやらない』と言い出すことやら。早い段階ならいいが、中継に向けCMスポンサーが集まりきった段階での出場キャンセルとなると、メイウェザーでスポンサー集めをしたフジは詐欺みたいなもの。メイウェザーが“爆弾”を投下するタイミング次第ではフジとRIZINが“共倒れ”になりそうだ」(格闘技業界関係者)

 まだ中継するかどうかは発表されていないが、中継が発表された場合、フジの命運はメイウェザーが握ることになりそう。フジにとってあまりにも危険過ぎるギャンブルにになりそうだ。


スポーツ新着記事

» もっと見る

メイウェザー参戦決定も“爆弾”を投下される危機を回避できないフジテレビ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP