紗綾 2019年8月1日号

“エロ目的”のおっさんユーザーが増え過ぎて『TikTok』が若者から敬遠され始める

掲載日時 2019年04月04日 22時00分 [社会]

“エロ目的”のおっさんユーザーが増え過ぎて『TikTok』が若者から敬遠され始める
画像はイメージです

 若者に絶大な人気を誇る動画配信アプリ『TikTok』に異変が起きている。同アプリの2018年の月間アクティブユーザーは950万人にも上り、現在も順調に伸びているが、昨年7月にテレビCMを開始して以降、40代の男性ユーザーが急増しているというのだ。

 そのため、若者の間ではアプリが急速に“おっさん化”することに危惧する声が上がっている。
《おっさんたち、ウチらのコミュニティーを壊さないでよ》
《おじさんに見られていると思うと動画を気軽に投稿できないんだけど》
《TikTokも終わりだなー。次にはやるのは何だろう》
《いいね! 押されるのはうれしいんだけど、キモい親父だと超絶萎える》
 など、突如現れたおじさんユーザーに戸惑いを隠せない様子だ。

 「中高年男性ユーザーが増えたのは、CM効果もありますが、それ以上に口コミで“若い女性の動画”を思う存分に見ることができると知れ渡ったことがあります。彼らは『TikTokおじさん』と呼ばれ、アプリのフォローリストには10代女性が多数並んでいるのが特徴です。もちろん、水着や下着姿でダンスを踊る女性が人気で、彼女たちの動画を眺めるのが日課になっているのです。そんな“エロ目的”の使用が増えたため、若者の間では徐々にTikTok離れが始まっているのです」(IT系ジャーナリスト)

 いつの時代もブームの発端は若者だが、それに続く形で年配者が参入するようになると、急速に勢いが衰えていくのは、フェイスブックを見れば明らかだ。今ではフェイスブックのメインユーザーは中高年で占められている状態だ。

 「もっとも、運営も若者中心のブームが長続きしないことは十分に分かっているのです。3月25日には、『TikTok』を運営するByteDanceと、高級ホテル・旅館の宿泊予約サービス『Relux』を運営するLoco Partnersが合同キャンペーンを実施すると発表しました。もともと、旅行動画が人気だったこともあり、今後は観光地の食事や旅の体験動画などの投稿をきっかけに、旅行事業につなげる狙いでしょう。最近ではアプリを介在して“パパ活”を行う女性も出てきており、ある意味、健全化の方向に向かうのはいいことだと思いますよ」(同・ジャーナリスト)

 『TikTok』に関しては女子中高生が気軽に“顔出し動画”を投稿していることで、トラブルに巻き込まれる事例が急増し社会問題化していた。一時のブームは去りつつあるが、今後はユーザー層の変化とともに落ち着いてくることだろう。


社会新着記事

» もっと見る

“エロ目的”のおっさんユーザーが増え過ぎて『TikTok』が若者から敬遠され始める

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP