菜乃花 2018年10月04日号

バンクーバー五輪 浅田真央盗撮防止の厳戒体制

掲載日時 2010年02月25日 00時00分 [スポーツ] / 掲載号 2010年3月11日号

 「女子フィギュアの浅田真央(19)にとって大敵なのは盗撮、サイン攻めなど試合以外のファンの行為です。もっとも、キム・ヨナに金メダルを取らせるため、キムのファンがわざとやっていることもあるでしょう」(スポーツ紙記者)

 2月21日、バンクーバー入りした浅田。それまでは中京大にこもっての極秘練習だった。マスコミを完全シャットアウトしての練習は壮絶なものであったという。
 「初めてのオリンピック。マイペースで調整する安藤美姫とは対照的でした。なぜ、それほどまでにナーバスになるのかといえば、直前の4大陸選手権で韓国のホテル滞在中、ホテル従業員が携帯で真央を盗撮したからですよ。しかも、それがネットに流れてからというもの、彼女、極端にナーバスになってしまった」(同)

 ホテル従業員の盗撮は別段、大した内容ではなかったが、精神的な痛手を被ったというのだ。
 「ネットに流出した動画は真央がニット帽、マフラーをしながら日本スケート連盟の小林強化副部長と談笑するシーンがあるほか、韓国連盟がつけた専属のボディーガードも映っていた。いずれも、関係者以外は立ち入れない区域での映像。しかも、ホテルは国際連盟が指定したオフィシャルホテルでしょ。日本の関係者はカンカンだった」(スケート連盟関係者)
 浅田陣営は試合前に本人にこのことを伝えなかったが、大会はショートプログラムでジャンプにミスが出た。

 一方、キムはオリンピック前の騒ぎを回避して4大陸選手権を欠場。自国での大会に不参加であっただけに、批判も浴びたが、五輪での金メダル奪取を優先したようだ。
 「今、韓国では浅田を握手攻めにしろとか、盗撮しろなどと心無いファンの罵声がいっぱいある。真央の金メダル取りは己との戦いであると同時に、一部暴走するキム・ヨナファンとの戦いでもあるのです」(スポーツ紙デスク)

 男子フィギュアで高橋大輔(23)が同種目五輪初メダル(銅)を獲得し、浅田の金奪取にも弾みがついたが、
 「選手村は選手、コーチのほかは家族も入れない。問題は21日から23日までの朝錬、そして本番の会場内での迷惑行為です」(五輪記者)

 ミラクルに期待。

関連タグ:フィギュアスケート

スポーツ新着記事

» もっと見る

バンクーバー五輪 浅田真央盗撮防止の厳戒体制

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP