菜乃花 2018年10月04日号

NHK大河『真田丸』高視聴率の陰に堺&大泉のスタッフ愛

掲載日時 2016年02月23日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年3月3日号

NHK大河『真田丸』高視聴率の陰に堺&大泉のスタッフ愛

 NHK大河ドラマ『真田丸』の視聴率が絶好調だ。注目の初回視聴率19.9%に始まり、2回目が20.1%、第3回18.3%、第4回17.8%、最新となる第5回も19.0%の高記録をマーク。この結果に早くもお祭り騒ぎとなっているのがNHKだという。
 「前シーズンに放送された『花燃ゆ』は平均視聴率12.0%で、『平清盛』(12.01%)に並ぶ歴代ワースト記録だった。視聴率を見る限り、こんな事態にはなり得ない。とりあえず皆、胸を撫で下ろしています」(NHK関係者)

 局内が高視聴率に沸き立つ中、収録現場もいいムードに包まれているという。特にスタッフを狂喜乱舞させているのが主演を務める堺雅人(42)だ。
 「ロケ地に自腹で信州牛100人分(約100万円)を差し入れしたんです。主役の俳優さんが身銭を切って差し入れなんてNHKドラマ制作史上、聞いたことがない。ギャラが民放に比べて安いからです。堺クラスで1本120万円〜。民放なら間違いなく300万円超えの役者です」(芸能プロ関係者)

 この一件でスタッフの間で堺人気が急騰したことは説明するまでもないだろう。そんな雰囲気に嫉妬していたのが、もう1人の主役といってもいい大泉洋(42)だ。
 「あまりにスタッフが堺を褒めちぎるものだから、大泉も身銭を切って自ら焚き出ししてカレーライスを振る舞った。三日三晩煮込んだカレーで、北海道の野菜にステーキでも十分に食べられる松阪牛、ビールなども付けたため、金額にしてこちらも100万円超え。ちなみに大泉の出演料は堺に比べ、ガクンと下がって1本70万円〜。NHKは貢献度がモノを言いますから」(NHK関係者)

 実は、堺と大泉はお菓子や軽食など普段、めったに口にできないような高級品をちょくちょく差し入れしているという。
 ドラマ好調の原因は、2人の優しさにあるようだ。

関連タグ:真田丸

芸能新着記事

» もっと見る

NHK大河『真田丸』高視聴率の陰に堺&大泉のスタッフ愛

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP