RaMu 2018年12月27日号

亀梨主演ドラマ6%台失速! 草なぎを切ったフジテレビの大誤算

掲載日時 2018年02月27日 12時00分 [芸能]

 本来、元SMAPの草なぎ剛(43)が主演を務めると言われていたフジテレビ系のドラマ『FINAL CUT』が、低視聴率に喘いでいる。“火曜21時枠”で放送されているこのドラマは本命の草なぎをはずしてジャニーズ事務所の亀梨和也(32)主演にもってきたが、蓋を開ければあまりの低空飛行にフジ関係者は頭を抱えているという。

 関西テレビの制作によりフジ系で放送される火曜夜枠のドラマでは、'15年に放送された『銭の戦争』(当時22時枠)と、昨年の『嘘の戦争』がヒットし、いずれも主演は草彅だった。特に『嘘の戦争』は、同じ1月期に元SMAPの木村拓哉主演の『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系=日曜日21時〜)が放送されたため、視聴率争いに注目が集まった。
 「草なぎの退所で袂を分かった2人の視聴率対決は、草なぎのドラマが平均11.3%(関東地区=以下同)、キムタクが14.5%で、キムタクに軍配が上がった。しかし草なぎの場合、ヒロインが女性受けの悪い水原希子だったことから、他の女優を起用していれば結果は違っていたとも言われた。それだけ草なぎの方が評価が高かったんです」(ドラマ制作会社プロデューサー)

 そのため『FINAL CUT』でも、草彅主演で話が進んでいたという。
 「演出も“戦争シリーズ”の三宅喜重氏、ライバル役も『嘘の戦争』に出演した藤木直人。これで主演は草なぎで決まりと言われていたのですが、関テレがジャニーズに気を遣い、亀梨の起用を決めたんです」(フジのドラマ関係者)

 亀梨は一昨年から『怪盗 山猫』『ボク、運命の人です。』と日本テレビのドラマに立て続けに主演し、フジでは'06年の『サプリ』以来の主演となった。
 「『運命の人』では山下智久を助演させるほど、ジャニーズは亀梨に力を入れていた。そのため“草なぎ潰し”の意味もあって『FINAL CUT』に売り込んだのですが、ドラマ関係者からは危惧する声も上がっていた。案の定、初回が7.2%、2話目以降は6%台と低迷が続いている」(夕刊紙記者)

 3話目だけは亀梨が関西テレビの情報番組などに生出演して番宣し、関西地区で何とか10.8%を記録したが、それが精いっぱい。
 「『嘘の戦争』に追いつくのは至難の業。それどころか、打ち切り説まで流れ始めていますよ」(前出・ドラマ関係者)

 ジャニーズから解き放たれた草なぎはやたらと「楽しい」とか「自由」という言葉を強調している。
 フジテレビさん、選択を誤ったかな?


芸能新着記事

» もっと見る

亀梨主演ドラマ6%台失速! 草なぎを切ったフジテレビの大誤算

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP