菜乃花 2018年10月04日号

カーリング女子、“試合中にヘラヘラする”のが強さの秘訣?

掲載日時 2018年03月07日 09時00分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

カーリング女子、“試合中にヘラヘラする”のが強さの秘訣?

 3月5日に放送された『中居正広のスポーツ号外!スクープ狙います』(テレビ朝日系)に、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表メンバーが出演し、出演者からの質問に答えた。

 劇団ひとりは女子カーリングの試合をテレビで視聴したといい「大会後半で『そだねー』が増えてきた感じがしたんです。ちょっとわれわれを意識したのかな」と分析。「そだねー」が日本で流行していることを知り、メンバーは大会終盤で意図的に「そだねー」を多用したのではないかと聞いた。

 五輪でサードを務めた吉田知那美は「大会が終わった後にインタビューを受けたが、そのインタビューのほとんどが『なまってる』って」と報道陣から指摘を受けたという。どうやら、メンバーは大会終了後に“そだねー”ブームが日本で起きていると知ったようだ。

 また、中居は「基本的に作戦会議をする時、肯定論が多いですよね。否定はないの?」と聞いたのに対してサブの本橋麻里は「試合中はネガティブなワードを出さないように(していた)…。コーチからも必ず『ステイポジティブ』って(指示を受けた)」と中居に同意。ネガティブな言葉は使わず、できるだけポジティブな言葉を多く使う意図が「そだねー」を生んだきっかけだと示唆した。

 ネット上では「『ステイポジティブ』ってとてもいい言葉」「前向きな気持ちがあったから最後にメダルも取れたんだな」「ネガティブなワードは言わないようにしてるんだね」「新しい話をいっぱい聞けて面白かった」などと、「カー娘」に好意的な感想を多く寄せた。

 ネットには「試合中にヘラヘラするな」といった書き込みも多くあり、真剣勝負の場で笑顔を見せることに憤りを感じている人も少なくなかった。だが、彼女たちが試合中に見せた笑顔は、真剣に勝負に挑んでいるからこそ出た“勝つための笑顔”だったのかもしれない。

関連記事
一部にはあざといと言われても…カーリング女子が可愛い4つのポイント
“カー娘”数字持ってる 平昌五輪での人気を受けて大手芸能\プロ入り?
羽生結弦、帰国会見で笑顔「つらい時期、苦しい時期」を乗り越え、次期大会へ意欲
羽生選手、連日各局の取材攻め 失礼な質問を逆手に名を上げたアナウンサーとは
「普通の味」…カーリング女子愛食「赤いサイロ」、徳光和夫の口に合わず?

スポーツ新着記事

» もっと見る

カーリング女子、“試合中にヘラヘラする”のが強さの秘訣?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP